• お気に入り

    お気に入り

  • カートを見る

    カートを見る

シチズンについて

永く、広く市民に愛されるように
「CITIZEN」

シチズンは腕時計の部品から、完成時計の組み立てまで自社で一貫製造するマニュファクチュールとして、世界130ヶ国以上でビジネスを展開するグローバルウオッチブランドです。

1918年の創業以来、100年もの間、革新的なテクノロジーと、 マニュファクチュールとして培ってきた熟練の技能とともに、腕時計の本質と新たな可能性を追求し続けてきました。

永く、広く市民に愛されるように
「CITIZEN」

携帯時計の主流が輸入の懐中時計であった中、シチズンの前身である尚工舎時計研究所によって、1924年に開発された国産の懐中時計がシチズンにとって最初の製品となります。

この時計は、永く広く市民に愛されるように、という思いのもと、当時の東京市長であった後藤新平伯爵により「CITIZEN」と名付けられました。

のちにこの時計の名前を会社名とし、1930年にシチズン時計株式会社が創立されました。

1924年 シチズン初の製品「CITIZEN」

常に未来を想像し、昨日達成したことの改善点を今日見つける。
Better Starts Now

Better Starts Nowとは。誰でも、何をしている人でも、未来をよりよくすることは可能なのだというシンプルな考えであり、「どんな時であろうと「今」をスタートだと考えて行動するかぎり、私たちは絶えず何かを良くしていけるのだ。」という、シチズンの信念です。

シチズンのテクノロジーとマニュファクチュール

私たちは、1918年の創業以来、「Better Starts Now」の信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました2018年に創業100周年を迎えたシチズンは、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

シチズンのブランド活動