外装機能ガイド

タキメーター機能の使い方

タキメーター機能の使い方

タキメーター機能とは、自動車などのおおよその走行時速を測る機能です。

タキメーター機能を使用して1kmを何秒(測定可能範囲60秒以内)で走行したかによって、その区間のおおよその平均時速を求めることができます。

  • 1.計測開始と同時にクロノグラフをスタートさせます。
  • 2.1km走行したときにクロノグラフを止めます。この時の秒針位置で、その区間のおおよその平均時速が分かります。図例では1kmを45秒で走行しており、平均時速は約80kmということが分かります。