外装機能ガイド

方位計機能の使い方(北半球の場合)

方位計機能の使い方(北半球の場合)

太陽の位置と方位計でおおよその方位を知ることができます。但し、緯度や季節によってはズレが生じることがあります。

  • 1.時計を水平にして時針を太陽の方向に合せます。
    この時、時針の指す方向と、文字板の中心と12時を結ぶ線の方向の中間の方向が南の方角にあたります。
  • 2.回転リング(方位計)を回して“S”を南の方角に合せると、おおよその全方位を知る事ができます。