外装機能ガイド

時差換算機能の使い方

時差換算機能の使い方

回転リング上に、世界の主要都市名が時差順に表示されています。(注意 1.)
この回転リングで、各都市のおおよその時刻を読み取ることができます。

使用例:東京にいてパリの時刻を知りたい場合(時刻は東京時刻にセットされているとします)。

  • 1.現在時刻(時)を 24時間制の時刻に読み替えます。
    (午後 10時 → 22時)
  • 2.回転リング上の都市名(東京=TYO)を、24時間目盛りの 22時に合せます。(注意 2.)
  • 3.回転リング上に表示された都市名の位置に対応する 24時間目盛りから、パリ(=PAR)の時刻が14時であることが分かります。
    なお、主要都市の時差は1時間単位ですので "分" はそのままお読みください。ただし、サマータイムは考慮しておりません。

同様にして他の都市の時刻も読み取ることができます。

  • <注意>
  • 注意1.モデルによっては表示都市名が異なる場合があります。
  • 注意2.モデルによっては、デザイン上の制約により24時間目盛が表示されてないものがあります。この場合は文字板の時間目盛を1周24時間に読み替えてご使用ください。