全国送料無料・Amazon Payや楽天ペイでもお買い物できます。

  • お気に入り

    お気に入り

  • カートを見る

    カートを見る

磁気についての注意

磁気についての注意

一覧へ戻る

磁気の性質

磁石の周囲には磁気が存在し、磁気の強さは磁石からの距離の2乗に反比例します。
これは、磁石からの距離を2倍にすれば、磁気の大きさを4分の1にできるということを意味します。
したがって、磁気を発する製品から少しでも時計を離すことにより、時計への影響を小さくすることができるのです。

 

一般的に、日常生活内にある普通の強さの磁石から5cm 程度で離すだけで、時計はほとんど影響を受けなくなります。

磁気の発生源

磁気は磁石の周りに存在します。
しかし、磁石の周りにだけ存在するわけではありません。
電流が流れると磁石になる電磁石の周りでも磁気は発生しますし、電流が流れる電線の周りも発生します。

 

時計を使用するにあたって、私たちはの身の回り磁石だけではなく、電気機器についても注意を払う必要があるのです。

時計が磁気から受ける影響

アナログ式クオーツ時計の内部部品である小型ステップモーターには磁石が使用されているため、強い磁気が発生する器具(スマートフォン、マグネット式ハンドバック、磁気ネックレス、磁気健康機器、電動遊具機器)などに時計を近づけると、一時的に時計が止ったり、時間が遅れたり、進んだりするなどして、時刻・カレンダーが合わなくなる場合があります。
これは、ステップモーターの回転に外部からの強い磁気が加わることで、正常な回転ができなくなるためで、磁気から遠ざけると正常な動きに戻ります。

 

一般的なデジタルクオーツ時計は、磁気の影響を受けることはありません。
しかし、デジタル部とアナログ部から構成される複合時計(コンビネーションウオッチなど)では、アナログ部はアナログ式クオーツ時計と同じように磁気の影響を受けるため、注意が必要です。

機械式時計
磁気の影響 内部の部品が磁化されます。そのため、てんぷの動作が影響を受け、精度に問題が生じます。
対応 内部の部品が磁化を解消(「脱磁」といいます)します。
脱磁によって、時計の精度を元に戻すことができます。
クオーツ式時計、電波時計、多機能時計
磁気の影響 内部の部品に残留する磁気によって、時計の精度に問題は生じません。
ただし、何度も磁気の影響受けた場合は、精度に問題が生じます。このような場合は、脱磁が必要です。
対応 磁気の発生源から時計を離し、時刻・カレンダーを正しく合わせ直してください。
脱磁によって、時計の精度を元に戻すことができます。

!

基準位置合わせが必要な時計で、基準位置が正しくないときは、基準位置を正しい位置に合わせてください。

!

弊社では、修理お預かりした時計に残留磁気がある場合は必ず脱磁を行います。お返しの際に、残留磁気の値と「磁気に関するご注意」をお伝えしています。

各種機器が発生する磁気の強さと距離

時計を機器に近づけも大丈夫な距離を○、止まりなどの影響が出てしまう距離を×で表しています。
目安としてお使いください。問題が生じないことを保証するものではありません。

!

時計は本来磁気に弱い製品です。上記以外の機器にも、できる限り近付けないでください。

!

時計が磁気の影響を受けたかを判断するために、方位磁針を使用するのは避けてください。
クオーツ時計の場合は、内部の部品に磁石が使われているため、残留磁気の有無に関わらず方位磁針が振れることがあります。

耐磁時計の種類

耐磁時計はJIS規格(日本産業規格:JIS B 7024-1994)で、水準によって次のとおり分類されています。

種類 水準
1種耐磁時計 直流磁界4,800 A/mに耐えられる水準
(日常生活において。磁界を発生する機器に耐磁時計を5 cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持できる水準)
2種耐磁時計 直流磁界16,000 A/mに耐えられる水準
(日常生活において。磁界を発生する機器に耐磁時計を1 cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持できる水準)

!

「磁界」とは磁気を表す物理学用語です。

!

耐磁時計以外の時計でも、ほとんどは直流磁界1,600 A/mに耐えられる水準です。

耐磁性能の表示について

弊社では、時計の耐磁性能を次のように表示しています。

種類 時計の裏ふたの刻印 カタログ表示
1種耐磁時計 ANTIMAG 4800 ( )
2種強化耐磁時計 ANTIMAG 16000 ( )