ニュース

2019/11/07

PRODUCT

シチズンとギンザタナカが100年の時を超えてコラボレーション
プラチナ950ケースの腕時計を数量限定で発売

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/社長:佐藤 敏彦、以下シチズン)は、田中貴金属ジュエリー株式会社(本社:東京都中央区/社長:田中 和和(まさかず)、以下ギンザタナカ)とコラボレーションし、プラチナ950をケース素材に採用した機械式腕時計【希望小売価格3,600,000円+税】を2020年2月中旬に数量限定16本で発売します。また、発売に先駆け、クラウドファンディングサイト『未来ショッピング』での先行予約を2019年11月14日よりスタートします。

このコラボレーションは、シチズンとギンザタナカが創業者を同じくすることから実現しました。1918年(大正7年)山﨑龜吉により創業されたシチズン(当時、「尚工舎時計研究所」)は、2019年に創業101年を迎えました。1892年(明治25年)山﨑龜吉により創業された「山﨑商店(前身、清水商店)」をはじまりとするギンザタナカも、2019年で創業127年を迎えました。それぞれのブランドの歴史と技術は100年以上の時を超え、令和という時代を迎えた今、初めてのコラボレーションモデルとして結実しました。

腕時計のデザインは、尚工舎時計研究所が1924年に『CITIZEN』の名で世に出した第一号の時計である「16型懐中時計」をモチーフにしています。ギンザタナカ製のケース素材は、変色・変質に強く安定した金属であるプラチナ950を採用しています。一般的なプラチナ950がプラチナ95%にパラジウム等の配合であるのに対し、このケースにはプラチナ95%に金5%を特別に配合したものを使用し、ステンレス並みの強度を実現しています。100年以上にわたり、貴金属に携わってきたギンザタナカだからこそ可能となった、特製のプラチナ950ケースです。

ムーブメントはシチズンの自動巻きの機械式を搭載しています。シースルーバックから覗くローター(回転錘)にはシチズン第一号時計の「16型懐中時計」にも刻印されていた、創業時より今もギンザタナカに続く品質保証刻印である「☆S(ホシエス)」マークを施しました。裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印した数量限定16本のみのモデルです。専用ボックスと、シチズン、ギンザタナカそれぞれの歩みを解説する特製のミニブックレット(非売品)が付属します。

このコラボレーションモデルは、2020年2月中旬の発売に先駆け、2019年11月14日より日本経済新聞社が運営する購入型クラウドファンディングサイト『未来ショッピング』にて先行予約を実施します。あわせて、2019年11月14日よりシチズン フラッグシップストア 東京(東京都中央区銀座)とギンザタナカ 銀座本店にてデザインサンプルの店頭展示を開始します。(店頭での予約開始は2020年1月20日を予定しています。)

デザイン特長

『CITIZEN』第一号時計「16型懐中時計」

左:CITIZEN × GINZA TANAKA プラチナモデル
右:「16型懐中時計」

  • ・プラチナ95%に金5%を特別配合したプラチナ950で作られたケースは、『CITIZEN』第一号時計である「16型懐中時計」のイメージを残す、細縁で丸みのあるデザイン。
  • ・温かみを感じる風防のデュアル球面サファイアガラスには99% クラリティ・コーティング※1を施し、高い視認性を確保。
  • ・文字板は金属生地を緩やかな球状に削り出し100年前の風合いを再現。
  • ・インデックスは「16型懐中時計」から手書きでトレースしたものを、腕時計用に調整して配置。
  • ・ブルーメタリックのカテドラル針は「16型懐中時計」の形状を模したデザイン。
  • ・バンドはインデックスの艶感のあるブラックに合わせ艶のあるワニ革を採用。
  • ・ムーブメントのローター(回転錘)には、品質の証である「☆S(ホシエス)」マークを刻印

※1:99% クラリティ・コーティングはサファイアガラスの表裏両⾯にシリコン化合物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え、透過率99%の高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくしました。またキズがつきにくく、表⾯には汚れを防ぐ撥水膜を施し、耐久性と防汚性を向上させています。クラリティ・コーティングは、シチズン時計株式会社の登録商標です。

クラウドファンディングサイトでの先行予約について

クラウドファンディングサイト『未来ショッピング』にて2019年11月14日より先行予約開始。
詳細URL(以下ページは2019年11月14日にオープンします。)
https://shopping.nikkei.co.jp/projects/citizen-tanaka

店頭での予約開始について

下記店舗にて2020年1月20日より予約開始。

  • ・シチズン フラッグシップストア 東京:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1F TEL:03-6263-9987
    https://citizen.jp/flagshipstore/index.html
  • ・シチズン プレミアムドアーズおよびシチズン コンセプトショップ
    https://citizen.jp/store/index.html
  • ・ギンザタナカ 銀座本店:東京都中央区銀座1-7-7 TEL:0120-556-826 (フリーダイアル)
  • ・ギンザタナカ直営店およびギンザタナカオンラインショップ

商品仕様

 
ブランド/商品名 CITIZEN × GINZA TANAKA プラチナモデル
商品番号 NA0010-04A
発売時期 2020年2月中旬予定
希望小売価格 3,600,000円+税
限定数量 16本
ケース / バンド プラチナ950(プラチナ95%、⾦5%)/ ワニ革
ガラス デュアル球面サファイアガラス(99% クラリティ・コーティング)
サイズ 径 37mm / 厚み11.6mm(設計値)
主な機能 ■Cal.0910:機械式/自動巻き+手巻き/日差-5~+10秒/持続時間約42時間(最大巻上げ時)/振動数28,800回/時/石数27石 ■ 5気圧防水■シースルーバック
メーカー保証 3年間メーカー保証

山﨑龜吉(1870年-1944年)とは

山﨑龜吉は、実業家、 貴族院議員であり、尚工舎時計研究所(現:シチズン時計株式会社)、山﨑商店(現:田中貴金属ジュエリー株式会社)の創業者。宝石を身につける風習のなかった日本人に、宝石や貴金属の価値や美意識を伝え、K18やK24といった規定を日本で初めて立案し、貴金属の品質保持、向上の基盤を整えた。日本で最初といわれるダイヤモンドについての本を出版するなど、日本の貴金属業界の黎明期を切り拓いた。さらに、国産時計の産業化を目指し、尚工舎時計研究所を立ち上げ、市民のための国産時計の製造を実現した。第一号時計の「16型懐中時計」は当時の東京市長 後藤新平により、永く広く市民に愛されるように、『CITIZEN』と名付けられ、後にシチズン時計株式会社の社名となった。

「☆S(ホシエス)」マークとは

第一号時計の「16型懐中時計」にも刻まれている、品質保証の刻印、「☆S(ホシエス)」マーク。貴金属業界を振興させるために、山﨑商店は業界最高水準の厳しい品質基準を設けており、それをクリアした商品には、「☆Sマーク」が刻まれた。今でも田中貴金属ジュエリーの製品には「☆Sマーク」が刻まれている。※☆S(ホシエス)はTANAKA ホールディングス(株)の登録商標です。

田中貴金属ジュエリーとは

創業1892年。田中貴金属ジュエリーは高品質の貴金属ジュエリーを世に送り出し貴金属の「装飾品としての価値」「資産としての価値」を伝えてきました。ショップブランド名をギンザタナカとして展開し、「ジュエリー」「工芸品」「資産用」の3つのカテゴリーの商品・サービスを提供しています。

<シチズン時計とは>

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界約140 の国と地域でビジネスを展開しています。1918 年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。シチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

  • ・本リリースの内容は発表日時点の情報です。内容は一部変更になる場合があります。