ニュース

2019/06/19

TOPICS

シチズンの新たなスマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』が
クラウドファンディング目標金額を開始28分で達成!

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/社長:佐藤 敏彦、以下シチズン)は、新たなIoTプラットフォームサービス『Riiiver』に対応するスマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ※ リィイバー)』を2019年6月17日(月)より、CCC(TSUTAYA)グループが運営するクラウドファンディング サイトである「GREEN FUNDING」に出品、併せて先行販売を開始し、目標金額の150万円を開始から28分で達成しました。

※2019年6月17日(月) 午後1時での支援金額

今回のクラウドファンディングには、2019年秋発売予定の『Eco-Drive Riiiver』を関心の高い方にいち早くお届けすると共に、「Riiiver」につながる様々なIoT機器やサービスを充実させ、このサービスの開発に参加していただく方々(以下、デベロッパー)を募ることを目的として出品しています。

目標金額達成後も、クラウドファンディングは6月17日~8月31日までの間、引き続き実施いたします。また、開催期間中は日本初のネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+(所在地:東京都世田谷区)」において、サンプル品の展示をしています。

Eco-Drive Riiiver クラウドファンディング URL: https://greenfunding.jp/lab/projects/2832/

Eco-Drive Riiiver 公式ウェブサイト URL: https://citizen.jp/riiiver/index.html

Riiiver 公式ウェブサイト URL: https://riiiver.com

<GREEN FUNDINGについて>

CCC(TSUTAYA)グループの株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト。全国約1,500店舗のエンタテインメントストア「TSUTAYA」や「蔦屋書店」と連携し、ガジェット・雑貨・映画・出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。現在43のパートナーと共に、1000を超えるプロジェクトに総計16億円以上の資金調達をサポートしています。https://greenfunding.jp/

<シチズン時計とは>

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界約140の国と地域でビジネスを展開しています。1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。シチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

  • ※エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  • ★エコ・ドライブは、シチズン時計株式会社の登録商標です。
  • ★本リリースの内容は発表日時点の情報です。デザイン及びスペックなどは、一部変更になる場合があります。