ニュース

2019/05/13

TOPICS

シチズンが「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2019」に協賛

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/社長:佐藤 敏彦、以下シチズン)は、2019年5月18日から京都と東京で開催される「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2019 」に協賛いたします。

Presentation licensed by Disney Concerts. © Disney

ステージ写真は過去の公演です。
※『ノートルダムの鐘』より

シチズンは、2018年にカリフォルニア ディズニーランド・リゾート及び4つのディズニー・テーマ・パークのオフィシャル・タイムピース(公式時計)に決定*1して以来、そのプロモーション提携の一環として、日本国内において多くの方に愛されるコンサートであるディズニー・オン・クラシックに協賛しています。 5月18日の京都公演を皮切りに開催される「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2019」に関しても、シチズンは「市民に愛され、市民に貢献する」という企業理念に基づき、引き続き協賛いたします。

  • *1 カリフォルニア ディズニーランド・リゾート等のオフィシャル・タイムピースについての詳細は下記よりご覧ください。
    https://citizen.jp/news/2018/20180323.html

「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2019」とは

ディズニー・アニメーションや映画、テーマパークの音楽よりセレクトした、名曲の魅力あふれるディズニー音楽の“フェスティバル”。これまでのディズニー・オン・クラシックのステージで活躍したニューヨークのヴォーカリストたちも再来日!メイン演目『ノートルダムの鐘』をはじめ、多彩なプログラムをフルオーケストラの演奏でお贈りします。

公演概要

名称: ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2019
主催: [京都公演]読売テレビ/キョードーマネジメントシステムズ
[東京公演]TBS
場所: ロームシアター京都 メインホール
東急シアターオーブ 渋谷ヒカリエ11階
日程: [京都公演] 2019年5月18日・19日
[東京公演] 2019年5月23日~6月2日
        ※5月27日・28日は休演
主管: Disney Concerts
特別協賛: ローム株式会社
協賛: シチズン時計株式会社/ディズニー★JCBカード
協力: 月刊「ディズニーファン」
制作・運営: Harmony JAPAN
製作協力: [東京公演]サンライズプロモーション東京
  • <カリフォルニア ディズニーランド・リゾートについて>
  • ディズニーランド・リゾートは、2つの素晴らしいテーマ・パーク、ディズニーランド(オリジナルのディズニー・テーマ・パーク)と新たなイマジネーションによるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークに加えて、3つのホテル、さらに、ダイニング、エンターテイメント、ショッピングのユニークな経験を提供するダウンタウン・ディズニーによって構成されています。同リゾートのホテルは、ラグジュアリーな948室に加えて、ディズニー・バケーション・クラブの2ベッドルーム相当の50ユニットを含むディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ、改築されたばかりの魔法に満ちた973室のディズニーランド・ホテル(両ホテルとも、アメリカ自動車協会(AAA)4ダイヤモンドクラス施設)、さらに「デイ・アット・ザ・ビーチ(ビーチで過ごす日)」の楽しさにあふれる481室のディズニー・パラダイス・ピア・ホテルによって構成されています。ディズニーランド・リゾートは、ファミリーがともに時を過ごす機会を提供するために取り組んでいます。昨年、同リゾートは、子供や家族に役立つプログラムに対して2,000万ドル近くを寄付するとともに、同社キャストメンバーが230件以上のコミュニティイベントでボランティア活動を実施しました。29,000人のキャストメンバーを擁するディズニーランド・リゾートは、カリフォルニア州オレンジ郡最大の雇用主であり、南カリフォルニアに57億ドルの経済効果をもたらしています。同リゾートは、1955年7月17日の開業以来、7億5,000万人以上のゲストを迎えています。さらに詳しい情報については、Disneylandnews.com/fact-sheets/ をご覧いただくか、(866) 43-DISNEYにお電話ください。

<シチズン時計とは>

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界130ヶ国以上でビジネスを展開するグローバルカンパニーです。1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。シチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。