ニュース

2018/11/15

PRODUCT

ディズニー楽曲を使用したスペシャルムービーを公開
~ディズニーの名曲“I’m Late(アニメーション映画『ふしぎの国のアリス』より)”が伝える光発電エコ・ドライブ※1 の魅力~

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉 敏夫、以下シチズン)は、ディズニー楽曲を用いた初のスペシャルムービーを公開します。

2018年3月より、シチズンはカリフォルニア ディズニーランド・リゾート及び4つのディズニー・テーマ・パークのオフィシャル・タイムピース(公式時計)となっています※2 。そのプロモーション提携の一環として、名曲“I’m Late(アニメーション映画『ふしぎの国のアリス』より)”を用いたスペシャルムービーを製作し、11月15日より一般公開いたします。

第一作となるコマーシャル動画では、『ふしぎの国のアリス』(原題:Alice in Wonderland)の映画の中で、主人公のアリスをふしぎの国にいざなう重要キャラクター、白うさぎが歌うコミカルな楽曲、“I’m Late(アニメーション映画『ふしぎの国のアリス』より)”を用いて、シチズンのコア・テクノロジーである光発電エコ・ドライブの魅力を訴求します。

映画の中でいつも急いでいるキャラクターとして知られるホワイトラビット(白うさぎ)を時間に追われるアイコン的な存在として描いています。「光発電エコ・ドライブを搭載する止まらない腕時計を持っていることで、会議やデートに遅れずに済む」というストーリーは白うさぎのこの性格にフォーカスしており、アリスやその他の個性的なキャラクターたちと共に、ユーモラスに展開していきます。実写とCGを絡めた動画では、映画の中のキャラクターやシーンが随所に登場して、ディズニーの世界を反映した構成になっています。

スペシャルムービーは、シチズン時計公式WEBページや公式YouTubeやSNSアカウントを通して発信されるほか、日本国内でのプロモーション提携の一環として協賛している「ディズニー・オン・クラシック」※3 の会場にてご覧いただけます。

※スペシャルムービーは下記よりご覧いただけます。

https://citizen.jp/about/disney.html

  • ※1 エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  • ※2 オフィシャル・タイムピース:シチズン時計株式会社は、北米のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州レイク・ブエナ・ビスタ)とディズニーランド・リゾート(カリフォルニア州アナハイム)の他、ディズニーランド・パリ(フランス、マルヌ=ラ=ヴァレ)、香港ディズニーランド・リゾート(香港、ランタオ島)、上海ディズニーリゾート(中国、上海浦東新区)のオフィシャル・タイムピース(公式時計)として、世界的なディズニーリゾート5ヶ所において、正確な時をお届けします。
  • ※3 ディズニー・オン・クラシック:ディズニー・アニメーションや映画、テーマパークの名曲たちを、オーケストラとヴォーカリストたちの生演奏でお届けする、大人のための音楽会。シチズン時計は、ディズニー社とのプロモーション提携の一環として、「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2018」より協賛。9月22日の東京都 文京シビックホールを皮切りに、日本全国51公演の一部の会場にて、ディズニー楽曲を用いた新コマーシャル動画を放映中。

<シチズン時計とは>

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界130ヶ国以上でビジネスを展開するグローバルカンパニーです。1918年の創業以来、”Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。2018年に創業100周年を迎えたシチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

  • ★エコ・ドライブはシチズン時計株式会社の登録商標または商標です。
  • ★YouTube、YouTube ロゴはGoogle Inc.の登録商標です。

<カリフォルニア ディズニーランド・リゾートについて>
ディズニーランド・リゾートは、2つの素晴らしいテーマ・パーク、ディズニーランド(オリジナルのディズニー・テーマ・パーク)と新たなイマジネーションによるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークに加えて、3つのホテル、さらに、ダイニング、エンターテイメント、ショッピングのユニークな経験を提供するダウンタウン・ディズニーによって構成されています。同リゾートのホテルは、ラグジュアリーな948室に加えて、ディズニー・バケーション・クラブの2ベッドルーム相当の50ユニットを含むディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ、改築されたばかりの魔法に満ちた973室のディズニーランド・ホテル(両ホテルとも、アメリカ自動車協会(AAA)4ダイヤモンドクラス施設)、さらに「デイ・アット・ザ・ビーチ(ビーチで過ごす日)」の楽しさにあふれる481室のディズニー・パラダイス・ピア・ホテルによって構成されています。ディズニーランド・リゾートは、ファミリーがともに時を過ごす機会を提供するために取り組んでいます。昨年、同リゾートは、子供や家族に役立つプログラムに対して2,000万ドル近くを寄付するとともに、同社キャストメンバーが230件以上のコミュニティイベントでボランティア活動を実施しました。29,000人のキャストメンバーを擁するディズニーランド・リゾートは、カリフォルニア州オレンジ郡最大の雇用主であり、南カリフォルニアに57億ドルの経済効果をもたらしています。同リゾートは、1955年7月17日の開業以来、7億5,000万人以上のゲストを迎えています。さらに詳しい情報については、Disneylandnews.com/fact-sheets/ をご覧いただくか、(866) 43-DISNEYにお電話ください。