シチズンのテクノロジー

スーパーチタニウムTM

スーパーチタニウムTM

強く、美しく、心地よく。

人が身に着ける腕時計にとって、ふさわしい素材とは何か。
1970年、シチズンは世界初のチタニウムケースの腕時計を発表。そしてたどりついた一つの答えが『スーパーチタニウムTM』です。
純チタニウムを加工し、そこにシチズン独自の表面硬化技術(デュラテクト)を施すことでステンレスの5倍以上の硬さを実現。
キズに強く、軽く、肌にやさしく、サビにくい素材をつくりあげました。
シチズンはこれからも、腕時計の快適な着け心地を追求し続けていきます。

SUPER TITANIUMTM

キズに強いから
自由に動ける。

買ったばかりの時計にキズがついてしまうのは悲しいもの。『スーパーチタニウムTM』は、本来軟らかい素材である純チタニウムに表面硬化技術(デュラテクト)を施すことで、ステンレスの5倍以上の表面硬度を実現。日常使用によるすりキズや小キズから時計本来の美しさを守ります。

当社キズ試験機による、すりキズ比較

軽いから
作業に夢中になれる。

腕時計は一日中身に着けるものだから、少しでも軽いほうがいい。『スーパーチタニウムTM』は、ステンレスの約1/2の軽さ。快適な着け心地が続きます。仕事でも家事でも趣味でも、その軽さが味方になってくれるはずです。

* ステンレスよりも約40%軽い。

ステンレスとの重量比較
※ ステンレスと『スーパーチタニウムTM』の同モデルを比較。

肌にやさしいから
触れ合える。

純チタニウムは、もともと耐メタルアレルギー性の素材。しかし金属を使用する加工処理の過程で、その特長が薄められてしまうという課題がありました。そこでシチズンの『スーパーチタニウムTM』は、独自の表面硬化技術(デュラテクト)を施すことで、耐ニッケル、耐メタルアレルギーを可能に。アレルギー体質の人はもちろん、ご家族やパートナーにアレルギー体質の人がいる場合でも、安心して着用することができます。

* 耐ニッケルアレルギー、耐メタルアレルギーに対応しているのは『スーパーチタニウムTM』を採用した製品のうち一部のモデルとなります。

サビにくいから
行動力が広がる。

『スーパーチタニウムTM』は、海水に対しても高い耐食性を持つ素材です。サビにくい性質のため、生活のあらゆるシーンで安心して着用できるとともに、美しい輝きが続きます。

※ バンド内部のピンはサビることがあります。定期的な洗浄をお勧めいたします。

スーパーチタニウムTMのテクノロジー

チタニウム加工技術

『スーパーチタニウムTM』には、耐メタルアレルギー性の高い純チタニウムを採用しています。軟らかい素材であるチタニウムの中でも、純チタニウムは特に加工するのが難しい素材。シチズンではこの難題に独自の加工技術で挑戦し、さまざまな加工を可能にしています。

[プレス加工]
純チタニウムは、酸素、炭素、窒素などと反応しやすい活性金属のため、プレス加工時に金型に「カジリ(凝着現象:摩耗し溶解してしまう現象)」を発生させ、成形を困難にします。シチズンでは、チタニウムを高温に加熱することで変形抵抗を小さくし、さまざまなプレス成形を可能にしています。
[切削加工]
純チタニウムは、大気中の酸素と反応しやすい性質を持っています。そのため工具の刃先に屑が付着し、ドリルが摩耗で痩せてしまうため、穴径を安定させるのが大変困難です。シチズンでは、切削用冷却油、潤滑剤、切削速度などを一つひとつテストし、適正条件を地道に確立することで、安定した加工を実現しています。
[研磨加工]
純チタニウムは、通常のようにバフ研磨で研磨をすると「ユズ肌(表面が凸凹になる現象)」が生じ、時計の外装が必要とする美しく平滑な鏡面にはなりません。これはチタニウムの結晶粒に、微妙な硬度の違いがあることが原因です。そこでシチズンでは、バレル研磨、ザラツ研磨などさまざまな研磨技術を併用することで、美しい鏡面を実現しています。

デュラテクト(表面硬化技術)

美しく加工された素材の表面に、特殊な硬質化処理を施すのがシチズン独自の表面硬化技術、『デュラテクト』です。

デュラテクトについて詳しくはこちら

スーパーチタニウムTMのストーリー

1960s

宇宙用素材で
腕時計をつくる。

人類初の月への有人宇宙飛行「アポロ計画」に世界が湧いていた1960年代。チタニウムは、軽くて強くてサビにくいという特性から、宇宙用素材として注目を集めていました。チタニウムの特性を、人が身に着ける腕時計外装の理想素材として利用できないか。そんな発想からシチズンのチタニウムの研究は始まりました。

世界初の
チタニウム腕時計。

1970年、その加工難易度の高さを乗り越え、シチズンはついに世界初のチタニウム外装を持つ腕時計、「X-8」を発売しました。未知の記号として用いられる「X」と、無限大の記号として用いられる「8」を組み合わせた 「エックスエイト(X-8)クロノメーター」という製品名には、チタニウムという未知の素材が持つ、無限の可能性への期待が込められています。

1970

一人でも多くの人へ。

研究を重ねていくうちに、チタニウムには人が身に着ける腕時計の外装素材として、さまざまな利点があることが分かってきました。耐メタルアレルギー性もその一つです。これにいち早く注目したのもシチズンでした。私たちは医師の臨床実験による裏づけを得ることで、チタニウムの耐メタルアレルギー性を実証しました。
そして、人にやさしい腕時計を目指した結果、「エックスエイト(X-8)クロノメーター」の発売から17年間の研究開発の月日を経て、本格的な商品開発に至ったのが1987年に日本で発売されたアテッサでした。一人でも多くの人が腕時計を着用できる世界へ、また一歩近づくことができました。

1987
1982

耐圧性能世界一
耐圧性能1300m防水
チタニウム時計
* 1982年発売当時

1993

耐メタルアレルギー性を実現した
チタニウム時計

1994

プラチナメッキを施した
チタニウム時計

2000

ケース、バンドに
『デュラテクト』を施した
チタニウム時計

2006

ケース、バンド、ベゼルに
デュラテクト DLC/MRK
を施したチタニウム時計

シチズンにしかできない未来へ。

チタニウムという未知の素材で腕時計をつくるという発想から始まった、シチズンの挑戦。それはチタニウム加工技術と表面硬化技術(デュラテクト)を施した、シチズン独自の「スーパーチタニウムTM」の挑戦として、今もなお続いています。チタニウム加工技術の向上によりデザインの多様化が進み、表面硬化技術(デュラテクト)の改良により、よりキズに強く、耐メタルアレルギーのモデルの開発も可能となりました。
一人でも多くの人が、より心地よく腕時計を着用できる未来へ。シチズンのチャレンジは止まることはありません。

※ 現在は生産されていないモデル、日本未発売モデルも掲載されています。