デュラテクト

美しさを、キズつけない。

腕時計は、人間の体の中でもさまざまな動きをする「腕」に着ける精密機械です。
つまり、それだけキズがつきやすい宿命にあります。
美しい時計を美しいまま。できるかぎり長く使ってほしい。
その思いから生まれたのが、表面硬化技術の『デュラテクト』です。
シチズン独自のテクノロジーが、腕時計の美しさを守り続けます。

キズつきにくい。
だから、自由に動ける。

日常で腕時計にキズがつくシチュエーションはたくさんあります。だからと言って腕を動かさないように過ごすのは本末転倒です。
『デュラテクト』は、美しさを持続するテクノロジー。運転する時も、PCに向かう時も、家事をする時も、歩く時も、走る時も、仲間と集う時も、日常のあらゆる場面で、腕時計の美しさをキズから守り、あなたを自由にしてくれます。

ゴールドからピンクまで。
鮮やかな美しさを。

腕時計は精密機械であると同時にアクセサリーでもあります。シチズンの『デュラテクト』は、その技術を進化させることで、ゴールドからシルバー、ブラック、ピンクまで、さまざまな美しい色調を実現。腕時計を目で味わう時間をお届けします。

デュラテクトのテクノロジー

表面硬化技術

『デュラテクト』とは、腕時計のケースやバンドの素材表面に特殊な加工処理を施すことで、キズから時計本来の美しさを守るシチズン独自の表面硬化技術の総称です。シチズンは、この『デュラテクト』で数多くの特許を取得。大切な腕時計を長く使ってほしいという技術者の情熱と長年にわたる研究から生まれたこの技術により、キズに強く、いつまでも美しく、肌に優しい腕時計をつくり続けています。

キズから守る / 美しい色調 / 耐メタルアレルギー性(一部を除く)

キズから守る / 美しい色調 / 耐メタルアレルギー性(一部を除く)

3つの技術

『デュラテクト』は、「素材をコーティングする技術」と「素材自体の表面を硬くする技術」、そして「その両方を複合的に施す技術」の大きく3つに分かれます。ハードな場面で使用するアウトドアウオッチと、美しく輝くドレスウオッチでは求められているものが異なるように、腕時計の目的に合わせた『デュラテクト』を施すことで、 必要な硬度や表現したい色調などを生み出すことができます。

デュラテクトの種類

[素材をコーティングする技術]

表面をコーティングするIP技術低温プラズマ技術で、特にすりキズに強い腕時計をつくります。

デュラテクトTIC:
TICとは、Titanium Carbide(チタンカーバイト)の略。『デュラテクト』の中でもっとも早く商品化された歴史ある技術で、チタニウムの色調を生かしたグレー色が特長。TICは一般的にも使用されている技術ですが、シチズンの
デュラテクトTICは硬度1,000Hv以上という基準を設け、耐傷性が保証されたものだけを商品化しています。
デュラテクトPTIC:
デュラテクトTICに貴金属のプラチナを使用したコーティング技術です。硬度35~50Hv程度の軟らかい貴金属であるプラチナを使用しながらも、特殊な加工により硬度を1,000Hvまで高めることに成功。また、硬さだけでなく、明るく透き通るような色調が特長で、間接照明の空間や暗がりの場所でひときわ美しく腕時計を輝かせます。主に高級時計やレディスウオッチに採用されています。
デュラテクトGOLD:
貴金属のゴールドを使用したコーティング技術です。貴金属を使用しつつIP技術で高硬度の金色をつくりだすのは不可能と言われていましたが、シチズン独自の技術により、現在ではイエローゴールド、ピンクゴールド、サクラピンクの3種類をつくることが可能になりました。
イエローゴールド
貴金属のゴールドを使用した、上品なイエローゴールドカラーの『デュラテクト』です。硬度約25~70Hvという非常に軟らかい貴金属であるゴールドを使用しながら、硬度を1,100~1,500Hvまで向上。明るい光沢感のある色調が特長で、間接照明の空間や暗がりの場所でも美しく輝きます。
ピンクゴールド
貴金属のゴールドを使用した、愛らしいピンクゴールドの『デュラテクト』です。イエローゴールドと同様に、硬度約20Hvという非常に軟らかい貴金属であるゴールドを使用しながら、硬度を1,100~1,500Hvまで向上。明るく光沢感があり、間接照明の空間や暗がりの場所でも美しく輝きます。
サクラピンク
デュラテクトGOLDの中でも、女性の肌を明るく美しく魅せることを追求した、淡く優しい色の『デュラテクト』です。変色しにくい性質を持ち合わせているため、長期間使用しても購入時の美しさが続きます。硬さは1,100~1,500Hvという高硬度を実現。小キズなどから腕時計を守ります。聡明で落ち着きのある繊細な色調は、プライベートでもビジネスでも映えるシチズンだけの色。xCなどのレディスウオッチに採用されています。
xCのサクラピンクについて、詳しくはこちら。
デュラテクトα:
シチズンの最高峰技術です。『デュラテクト』の中でもっとも硬く、デュラテクトTICの2倍以上(2,000~2,500Hv)というサファイアガラスと同等の硬度を実現するとともに、耐メタルアレルギー性にもすぐれています。高硬度と耐メタルアレルギー性を確保しながら、貴金属のような美しい輝きを実現。デュラテクトαは、美しさと、強さと、優しさを追求し続けた、シチズンの技術者たちのひとつの答えです。
デュラテクトDLC:
DLCとは一般的にも使用される技術で、Diamond-Like Carbonの略。すりキズに強いだけでなく、触り心地が非常に滑らかなのが特長です。シチズンのデュラテクトDLCは、一般的なDLCとは異なり、中間素材に徹底的にこだわることで密着性を向上。はがれにくく耐久性にすぐれています。さらに、硬さだけでなく美しさも追求。精悍なダークグレー色をベースに、細部の発色に至るまで上品で艶やかな輝きを実現しています。シチズンは業界の中でもいち早く腕時計にDLCを採用。1987年のバーゼルワールドに、デュラテクトDLCを参考出展しています。

[素材自体の表面を硬くする技術]

素材自体の表面を硬くするガス硬化技術で、特に打ちキズに強い腕時計をつくります。

デュラテクトMRK:
デュラテクトMRKは、通常のコーティングとは異なり、素材自体の表面を硬くする技術を使用しているため、打ちキズなどから時計を守ることが可能。過酷な環境で使用されるスポーツウオッチなどに多く採用されています。
シチズンの『デュラテクト』は、このデュラテクトMRKの開発からスタートし、1997年に特許を取得。今でも進化を重ね続けています。

[両方を複合的に施す技術]

素材のコーティングと素材自体の表面を硬くする技術の両方を施す複合硬化技術で、すりキズにも打ちキズにも強い腕時計をつくります。

デュラテクトDLC/MRK:
素材自体の表面を硬くするデュラテクトMRKを施した上から、デュラテクトDLCをコーティングする技術です。硬質化した素材表面に硬質被膜が重なることで、さらなる耐傷性を実現しました。打ちキズに強いため、ハードな環境で使用する時計に向いています。また、DLCの滑らかさを併せたことで、すりキズからも時計を守ります。
デュラテクトα/MRK:
素材自体の表面を硬くするデュラテクトMRKを施した上に、高硬度のデュラテクトαをコーティング。サファイアガラスと同等の2,000~2,500Hvという、シチズンの『デュラテクト』の中でもっとも高い硬度を実現しました。すりキズにも打ちキズにも強く、ハードな環境でも時計を守り続けます。さらに、高級感のある洗練された輝きにもこだわりました。美しさと強さ、その両方を兼ね備えた最強の『デュラテクト』です。

デュラテクトの表面硬度

下図は、ビッカース硬度と呼ばれる素材表面の硬さを表す尺度で、代表的な素材や各『デュラテクト』を比較したものです。こうしてみると、『デュラテクト』が、ステンレスをはるかに超える硬さであることがわかります。

[ビッカース硬度(Hv)]

※ ビッカース硬度は、素材表面の硬度を測るもので、素材にダイヤモンド製の圧子を押し込むことで測定されます。この試験方法は、極めて硬い材料も測定でき、また試験用途も大変幅広く、他の硬さ試験の基準にも利用されています。表面被膜硬度については、低荷重で被膜硬度のみを測定したものです。日常使用によるキズのつきにくさをそのまま表現する尺度ではありません。

[すりキズ比較]

下の写真は、当社キズ試験機により、プレートにすりキズをつけたものです。左のステンレスと比較すると、どの『デュラテクト』もすりキズがつきにくいことがわかります。

※ 試験は、あくまでもすりキズをつけることを目的に実施したものであり、日常使用とは異なります。