2018.1.1
『CITIZEN Eco-Drive One POP-UP @ Omotesando』期間限定OPEN
closeclose

なぜ、生まれてきたのだろう。なぜ、その姿をしているのだろう。それは何年も、何年も、何年も磨き上げてきた技と志の結晶。純粋な喜び。ただひとつの想いが、私たちをつき動かしている。美しさ。だけしか要らない。

ABOUT
Eco-Drive One

すべてを削ぎ落とした引き算の美。

AR5024-01E AR5024-01E

それは時計の本質を究め、すべてを削ぎ落とした美しさ。
想像を超える薄さ。重力もストレスも感じないつけ心地。
まとった瞬間、人と時計がひとつになる至福。
たった1.00mmのムーブメントで動く
世界でいちばん薄い*1 光発電時計Eco-Drive One。
アナログ式光発電時計を世界で初めて発売してから
40年の時を経て生まれた、シチズンのフラッグシップモデル。
今こそマニュファクチュールとして
何ものにも縛られない精神をもつ、この時代を生きる人々に贈る。
すべてを解き放つ、自由と上質を。正確に時を刻み続ける美しさを。
※1 アナログ式光発電時計として。2017年11月現在、当社調べ

男らしさとか女らしさとかポジションとかレッテルとかそういう私たちを縛るあらゆるものから、自由でありたい。欲しいものは、ただひとつ。美しさ。だけしか要らない。

EG9004-18A EG9004-18A

満たされながらも、軽やかでありたい。

AR5000-68A AR5000-68A

FEATURESTECHNOLOGY
&TECHNIQUE

マニュファクチュールとして、気が遠くなるほど、手間と時間をかける。

マニュファクチュールとして、気が遠くなるほど、手間と時間をかける。 マニュファクチュールとして、気が遠くなるほど、手間と時間をかける。

過度な機能や華美な装飾を極限まで削ぎ落とし、
時計の美しさを限りなくシンプルに表現する。
そのための最大の挑戦は、
薄さ1.00mmのムーブメントに
85個もの部品を
内包することでした。
そんな無理難題を、
いちばん美しいかたちで実現するのが私たちの使命。
それはシチズンが、パーツから完成時計の組み立てまで
自社内で一貫製造する
「マニュファクチュール」だからこそ、
成し得たことでした。

世界も驚くクラフトマンシップを。

NEWS