ラインナップ一覧

エコ・ドライブ ワンのこだわり

―世界最薄 アナログ式光発電時計 薄さ2.98mm―

  • 本質を究めた腕時計へ。
    Eco-Drive One。

    私たちは、「市民に愛される時計づくり」という原点に立ち戻り、エコ・ドライブ(光発電)の価値を限りなくシンプルに表現することで、シチズンらしさを追い求めることに挑戦。正確に時を刻み続けるという時計本来の理想を究めるとともに、腕時計としての美学と洗練さをまとう、世界でもっとも薄い(※1)エコ・ドライブ時計をつくりあげました。

    ※1.アナログ式光発電時計において、2016年7月現在、当社調べ。

  • シチズンの技と美が生み出した、
    ひとつの進化のかたち。

    薄さ2.98mm(※2)、世界最薄の光発電時計「Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)」。それは、ほとんどすべてのパーツを新規で製造するというマニュファクチュールのシチズンだからできたことです。2.98mmの薄さには、私たちシチズンの挑戦のすべてが組み込まれています。そして、シチズンの新しい挑戦が、またここからはじまるのです。

    ※2.この値は設計値です。実際の商品は公差の関係で、設計値より最大0.22mm厚くなる場合がございます。

  • 薄さ1.00mmのムーブメントに、
    85個もの部品を内包。

    Eco-Drive Oneの開発は、ミクロンの世界を旅するようなものでした。たった1.00mmのムーブメントの中に、85個もの部品をまるで細胞のようにすき間なく格納。1つの部品が2つの役割をするなど、随所にシチズンらしい工夫を施し、ローターやコイルをゼロから再構築することにより、時計づくりの「あたりまえ」を根底から覆す、常識を超えた構造を再現しました。薄さわずか1.00mmのムーブメント。Eco-Drive Oneという名前には、その1.00mmに秘められた思いが息づいています。

  • 「薄さ」と「強さ」を両立する、
    新素材の採用。

    薄さの追求は、美しさの追求でもあります。しかし最大の問題点は、その強度でした。そこでEco-Drive One限定モデルでは、薄さと強度の相反する要素を両立できる新素材を採用。

    文字板 ケース ベゼル
    サファイアガラス サーメット バインダレス超硬合金
    - 薄さ0.15 mm
    - 強さ
    - 美しさ
    - 硬度 1,500HV
    - 耐摩耗性
    - 精密加工性
    - 硬度  2,100 HV
    - 耐食性、耐酸化性
    文字板 ベゼル
    サファイアガラス サーメット
    - 薄さ0.15 mm
    - 強さ
    - 美しさ
    - 硬度 1,500HV
    - 耐摩耗性
    - 精密加工性

エコ・ドライブ ワンのテクノロジー

  • エコ・ドライブ

    時間は光で創る。
    定期的な電池交換が不要のシチズン独自の光発電技術。太陽光や室内のわずかな光を電気に換えて時計を動かし、余った電気は二次電池に蓄えます。一度フル充電すれば、光のないところでも長時間動き続けます。

    エコ・ドライブ
  • デュラテクト

    美しさをキズつけない。
    時計本来の輝きや仕上げの美しさを保護するためにシチズンが独自に開発した表面硬化技術。チタニウムやステンレスなどの素材に特殊な加工を施すことで表面硬度を高め、時計のケースやバンドをすりキズや小キズから守ります。

    デュラテクト

ピックアップ

サポート

カタログ