特長

トラブルシューティング


W510

オールリセット

オールリセットする

時計の動作が不安定なときなど、すべての設定をリセットすることができます。
充電量が少ないときは、先に充電を行ってください。

オールリセット後の各設定

時刻午前0時0分0秒
カレンダーうるう年の1月1日日曜日
ペアリング情報ペアリング情報は削除されません。
接続状態切断

オールリセットする

  1. りゅうずの位置を2にする
  2. 秒針が、15秒を指します。

  3. 右上のBボタンと右下のAボタンを同時に4秒間以上押し続けて、離す
  4. ボタンから手を離すと、操作音が鳴り、オールリセットが行われます。

    オールリセットが完了したら、以下の手順で、基準位置の修正を行います。

    正しい基準位置

    時針/分針/秒針の位置:0時00分0秒

    機能針の位置:スロット1

    日表示の位置:「31」と「1」の間

  5. 右下のAボタンを押す
  6. 基準位置の修正が始められるようになります。

  7. 右下のAボタンを押して、修正する対象を切り替える
  8. !

    右下のAボタンを押すごとに、次の順番で修正対象が切り替わります。
    機能針・日表示時針分針秒針 → (はじめに戻る)

    !

    針・表示が少し動いて、修正対象になったことをお知らせします。

  9. りゅうずを回して、針・表示を修正する
  10. !

    日表示は機能針と連動します。
    機能針が5回転すると、日表示が1日ぶん動きます。

    !

    時針を修正するとき、見やすくするため、秒針と分針が左右に少し分かれます。

    !

    りゅうずを素早く連続回転させると、針・表示が連続で動きます。
    動きを止めるには、りゅうずを左右どちらかに回します。

  11. 手順5、6をくり返す
  12. りゅうずの位置を0にする
  13. 時計は、基準位置を表示したままです。

  14. 右下のAボタンを押して、終了する
  15. !

    右下のAボタンを押さなくても、2分間経過すると、通常表示に戻ります。


この後は、時刻・カレンダー合わせを行ってください。

関連する項目

接続と切断について 時刻・カレンダーを手動で合わせる

Copyright © 2020 CITIZEN WATCH Co. Ltd. All rights reserved.