特長

トラブルシューティング


W410

基準位置

基準位置を確認・修正する

時刻情報を適切に受信しても時刻・カレンダーが正しく表示されないなどの場合、現在の基準位置が正しいかどうか確認します。

ご注意

必ず現在の基準位置を確認し、修正の必要があるときだけ、
基準位置の修正を行ってください。

  1. りゅうずの位置を1にする
  2. 秒針が、アラーム設定( ON/OFF)を指します。

    !

    秒針の基準位置が正しくないときは、そのズレの程度によって、外れた場所を指す場合があります。

  3. りゅうずを回して、秒針がフライトモード設定( ON/OFF)を指すようにする
  4. !

    りゅうずを回すごとに、秒針は次のように指します。
    アラーム設定( ON/OFF)ACTフライトモード設定( ON/OFF)アラーム設定( ON/OFF)

  5. ボタンを5秒間押し続ける
  6. 各針/表示が現在の基準位置に移動し始めます。

    !

    秒が動き出したら、ボタンを離します。
    針や表示の動きが止まったら、次に進みます。

  7. 基準位置を確認する
  8. !

    針や表示の動きが止まったら、下図を参考に、すべての針や表示が正しい位置にあるかどうかを確認します。
    1ヵ所でも正しい位置にないときは「ずれている」と判断します。

    正しい基準位置

    時針/分針/秒針の位置:0時00分0秒

    日表示の位置:「31」と「1」の間

    正しい修正の必要はありません。
    りゅうずの位置を0にして、ボタンを押して終了します。
    ずれている ここをクリックして、下に進みます。
  9. りゅうずの位置を2にする
  10. ボタンをくり返し押して、修正する針/表示を選ぶ
  11. !

    ボタンを押すごとに、次の順番で修正対象が切り替わります。
    時針・日表示分針・秒針 → (はじめに戻る)

    !

    針・表示が少し動いて、修正対象になったことをお知らせします。

  12. りゅうずを回して、針・表示を修正する
  13. !

    時針と日表示、分針と秒針はそれぞれ連動します。

    !

    りゅうずを素早く連続回転させると、針・表示が連続で動きます。
    動きを止めるには、りゅうずを左右どちらかに回します。

  14. 手順6、7をくり返す
  15. りゅうずの位置を0にする
  16. 時計は、基準位置を表示したままです。

  17. ボタンを押して、終了する
  18. !

    ボタンを押さなくても、2分間経過すると、通常表示に戻ります。

関連する項目

りゅうずやボタンが特殊な構造のときは

Copyright © 2020 CITIZEN WATCH Co. Ltd. All rights reserved.