LOADING..

TVであの人を見た時から、
私のキャラクターは「はじまり」を告げた。

Q. 明るく、奔放なキャラクターが印象的なLiLiCoさん。現在の性格や振る舞いに影響を与えたのは誰ですか?

A. 4年前、父が日本にやってきた時、私にこう言ったんです。「シア・ベリーにすごい似てるよ」って。シア・ベリーというのはスウェーデンのタレントで私が10代の頃、大好きだった人。実は好きだったことさえすっかり忘れていたんですけど、父から言われてハッとしたんです。毎週のように髪の色やメイクがガラリと変わって、ファッションも奇抜。人ってこんなにも変われるんだってことが衝撃でしたし、彼女はとにかく明るくてTVの画面を観ているだけで元気をもらえた。特に意識して彼女のようになろうと努力したわけではないんですが、確かに10代はシア・ベリーみたいになりたいと思っていたんです。そんな私がいつの間にか彼女にちょっと似た存在になっている。父からそのことを突然、指摘されて、頭の中で探していたパズルのピースが見つかったような気がしました。誰かに憧れると、自分でも知らないうちに性格や振る舞いがその人に似てくるんだなと。面白いですよね。

最大の武器は人間力。
それが私の得た結論。

Q. LiLiCoさんはインタビューの名手という印象が強いですが、どうやってその能力に磨きをかけたのですか?

A. インタビューって本当に難しい。それで、アメリカの有名な司会者であるオプラ・ウィンフリーを研究することにしたんです。彼女はどんな相手からも本音を引き出せる。その理由を知りたいと思って、彼女が出演している番組のDVDを20年分も入手して全部観たんです。すると答えが分かった。結局、人柄なんですよね。特別、面白い質問をしているわけじゃない。オプラが相手に興味を持っているから、相手も真剣に話す。彼女が人間として魅力があるから、相手も興味を持つわけです。だから当たり前になってしまうんですけど、私も人間力を上げて、インタビュアーとしてレベルアップしようと思った。そしてインタビューする相手のことを事前にきちんと研究して挑もうと。その成果が現れてきていると思います。

面白さは無限大。
映画にはいろいろな見方がある。

Q. 映画のコメンテイターとして、多くの人から共感を得ている理由はどこにあると思いますか?

A. まずは、いろいろな角度から映画を観るということかな。女性として、男性として、プロの評論家として、素人として。そうすると、4人のLiLiCoが1本の映画を観ることになって、より多様な映画の解釈ができるでしょう。たとえば、基本的にはSF映画なんだけど、女性目線で観ればラブストーリーになるかもしれない。あるいは、単純なアクション映画でもマッチョな男性目線だと、「絶対、ビールが飲みたくなる」というコメントができるかもしれない。そうやっていろいろな視点で観れば、1本の映画にも多様な面白さがあるということがわかりますしね。

やりたいことを実現するのが人生。
挑戦はまだまだ続く。

Q. これまでもたくさんのことにチャレンジしていると思いますが、今後、新たに挑戦してみたいことはまだまだありますか?

A. やりたいことをどんどんやる。それが人生だと思っています。だから常に挑戦したいことのリストで頭がいっぱいだし、本当にやりたいことはひとつずつ実現しています。なかでも5年ほど前から特に意識しているのは、フランス語とポールダンスですね。フランス語は世界中の言葉のなかでも特別、美しい言葉だと思いますし、フランス映画を原語で理解したり、俳優さんに直接インタビューをしたい。そういう理由で、フランス語をはじめたいと思うようなりました。ポールダンスは、シルク・ドゥ・ソレイユのショーを観た時にものすごくかっこいいダンサーを見つけたことがキッカケで、踊りたいと思うようになった。60歳、70歳の人がポールダンスのコンテストに参加しているのをアメリカのTVで見て、私、まだ全然、間に合うじゃんって(笑)。これまでボディビルもプロレスもやってきました。だから次はポールダンスだなと考えています!

やっぱり粋な人になりたい。
だから私は腕時計を楽しむ。

Q. 普段、腕時計を身につける習慣はありますか? また今、身につけている「シチズン エル」の印象を聞かせてください。

A. 時計を見るなにげないしぐさでその人をセクシーだなと感じたり、いい時計をしているとその人はきちんと生きている人だなと思えたり。腕時計ってただ時間を確認するためのものではないんですよね。やっぱり素敵な時計を身につけている人は粋だし、私も自分を表現するツールとして時計を身につけています。この時計のお気に入りポイントは黒い文字板。そして、時計の中にキラリと光るダイヤ。女性は35歳を超えたらひとつくらい本物のダイヤを持っていたいですよね。こういう時計を身につけていると、私をいい方向へ導いてくれそうな気がします。

LiLiCo

LiLiCo さん / J-WAVE ナビゲーター

1970年スウェーデン・ストックホルム生まれ。スウェーデン人の父、日本人の母のもとに生まれ、18歳までスウェーデンで過ごす。当初はアイドルを目指し来日。長い下積みを経た後、TBS「王様のブランチ」出演をキッカケにブレイク。以降、映画コメンテイター、ナレーション、シンガー、女優、執筆、プロレス、ネットショップ運営など、多岐に渡る分野でダイナミックな活躍を続ける。シチズンがJ-WAVEに番組提供している「CITIZEN GIRLS SPECIAL」が放送されるワイド番組「ALL GOOD FRIDAY」(毎週金曜日11:30~16:00)のナビゲーターを務める。

EM0659-25E

LiLiCoさん着用の100周年モデル

EM0659-25E

  • シチズン100周年記念限定モデル 第2弾
  • 世界数量限定 1,500本
  • ¥ 75,000 + 税