LOADING..

バレーボールか、モデルか。
決断を後押ししてくれたのは、意外な人だった。

Q. モデルとしての「はじまりの時」はいつ、どのようなかたちで訪れたのでしょうか?

A. モデル事務所を父に紹介してもらったのがキッカケで中学生の頃、この世界に入りました。でも私は部活でバレーボールに熱中していて、モデルとして真剣にやっていくかどうか、すぐには決められなかったんです。バレー部のコーチも期待してくれているし、私自身、バレーが大好きでしたからね。それに最初のお仕事が上半身だけヌードになるというシチズンさんの撮影で、中学の担任の先生からは、モデルの仕事にあまり前向きではない意見をもらってしまって。両親も心配するし、私自身もどんどん不安になっていった。そのままいっていれば、きっと私はモデルを続けていくという選択をしなかったでしょう。でも、そのような状況で、校長先生は味方になってくれたんです。「あれはとてもいい広告だね」と言ってくれたのがとてもうれしかったし、その言葉がまだ迷いのあった私の背中を押してくださった。それからは私自身も自分が写ったポスターを肯定的に見られるようになりましたし、モデルという職業への興味もどんどんわいてくるようになっていったんです。校長先生の応援がなければ、あの後、モデルを続けていたかどうかわかりません。私の人生を変えた言葉と言っていいかもしれませんね。

現場の皆と心を通じ合わせることが、
いい仕事につながっていく。

Q. 数々の仕事で学んだことや、モデルとして大切にしていることは何ですか?

A. 写真っていろいろなものを写し出すんですよね。現場の雰囲気がよければ私の表情にも本当に楽しい感じがにじみ出てきますし、現場がうまくいっていなければ、いくら私が笑顔でいてもいい写真にはなりません。そういうことがだんだんと分かってくるようになってからは、現場で皆の関係がうまくいくようにはどうすればいいとか、雰囲気をよくするために何かをしようと、いつも考えるようになりました。大勢いるスタッフのうちひとりでも皆の輪に入れていないなと感じたらちょっと声をかけるとか、誰かが困った顔をしていればその理由をなんとなく聞いてみるとか。そういう細かいことが私の表情に、他のスタッフにも影響を及ぼすこともあるんです。だからやっぱりチームワークがあってこそ、いい写真や映像になっていく。仕事をすればするほど、現場にいるスタッフや関係者、すべてと心を通じあわせることが大切だとつくづく感じます。

社交的で自然な振る舞いを身につけること。
それが、私のちょっとした挑戦。

Q. モデルの仕事で多忙な毎日のなか、新しくチャレンジしてみたいことは何かありますか?

A. たとえば、大勢の人が集まるパーティって、実はとても苦手なんです。社交的に振る舞いたいのに、なぜか必要以上に緊張してしまうんですよね。そういう性格を変えるのが、私にとってのチャレンジかな。初対面の人がたくさんいる場に行ったら、何とかその場に打ち解けようと大きな声で挨拶したり、慣れないギャグを飛ばしてみたり(笑)。料理が得意なので、世界各地の料理を勉強して、振る舞って、皆に楽しんでもらうのも私自身の社交性を向上させるひとつの方法かな。まだまだうまくいかないことも多いですが一所懸命、努力している最中です。今は私の娘がお手本。彼女は躊躇なくパーティにも顔を出すし、家にも友達を連れてくることが多い。その社交性で人生、楽しんでいるんですよね。だから私も娘を見習って、自分の世界を広げられたらと思っているんです。

モノトーンのファッションに映える、黒の文字板。
さり気ないダイヤモンドも気分を上げてくれる。

Q. 今、身につけている「クロスシー」の印象を聞かせてください。

A. この時計、心の底から「好き!」です(笑)。私の大好きなモノトーンのファッションにブラックの文字板がぴったり。ピンクとのバランスが絶妙で、エレガントにもカジュアルにも自信を持って身につけられる時計だと思います。よく見るとダイヤモンドがひとつ、あしらわれていてそのさり気なさもいい。海外に行くことも多いので、簡単な操作で世界主要都市の時間をあわせてくれる機能もすごくうれしいですね。

CHIE KUMAZAWA

熊沢 千絵 さん / モデル

1974年神奈川県生まれ。14歳の時にシチズンの時計「ジャンクション」の広告でモデルデビュー。上半身はバストを手で隠しただけのヌードにデニムというスタイルは業界内外の話題をさらった。以降、広告ポスター、TVCM、雑誌などのモデルとして精力的に活躍。料理を趣味とし、雑誌連載や書籍刊行などで食にまつわる知識や料理の腕を存分に披露している。憧れの女優はオードリー・ヘップバーン。

EC1144-26E

熊沢千絵さん着用の100周年モデル

EC1144-26E

  • シチズン100周年記念限定モデル 第2弾
  • 世界数量限定 2,000本
  • ¥ 90,000 + 税