磁気が及ぼす影響

アナログ式クオーツは超小型ステップモーターに磁石を使用していますので、強い磁気が発生する磁気健康器具(磁気ネックレス、磁気健康腹巻など)電動マージャン台、などへ近づけますと、一時的に時計が止ったり、時間が遅れたり、進んだりすることがあります。これは、ステップモーターの回転が外部からの強い磁気によって乱されるためで、磁気から遠ざけますと元通りに正常に動きます。なお、デジタルクオーツは一般に磁気には影響されませんが、複合時計(コンビネーションウオッチなど)は、アナログ部分がアナログ時計と同様に、磁気の影響を受けますので、この点ご注意ください。

磁気の性質

磁気の強さは距離の2乗に反比例します。磁気を発する製品から時計を離すことにより、影響は小さくなります。一般の時計は密着状態では強い磁界の影響を受けますが、5cm程度では影響を受けません。

磁界の種類

磁界の種類

磁界とは、磁気(磁石)が及ぼす影響範囲のことです。直流磁界とは、永久磁石や乾電池式の電磁石などから生じる磁気の領域のことです。

<例>
各種ドアの磁石部分、健康機器類の磁石部分、オーディオのスピーカー部分など

交流磁界とは、交流電流を使うことによって生じる磁気の領域のことです。直流磁界とは異なり、N(+)極とS(-)極とが交互に入れかわります。

<例>
交流式電気カミソリ、電動鉛筆削りなど

磁気による時計への影響

磁気による時計への影響

アナログ式クオーツ時計には右図のような、磁石の性質を利用した「ステップモーター」が使われています。永久磁石でできているため、外部からの強い磁気を受けとると時計が遅れたり、進んだり、止まったりすることがあります。

磁気の影響を受けた場合

磁気製品から時計を離し、時刻を正しく合わせ直してください。正常な状態に戻ります。

時計の機種の違いによる磁気の影響

磁界の影響を受けた場合の機種別の対応は下表のとおりです。

機械式 クオーツ式 電波時計、多機能時計(基準位置がある時計)
磁界の影響を受けた場合 大きく精度がズレる場合は、脱磁を行ってください。 磁気製品から時計を離し、時刻を正しく合わせ直してください。 磁気製品から時計を離し、時刻を正しく合わせ直してください。また基準位置がズレている場合は、正しく基準位置を合わせてお使いください。
脱磁の必要性
脱磁の理由 内部の部品が磁化されると、てんぷの動作に影響を及ぼし、精度に影響が出てきます。
この場合は、脱磁を行うことで、もとの精度に戻ります。
内部の部品に残る残留磁気では、時計の精度に影響を及ぼしませんので、必ずしも脱磁の必要はありません。ただし、何回も同じように磁気の影響で時計がズレてしまうような方は、確実に脱磁を行ってください。弊社では、修理お預かり時に残留磁気があると必ず脱磁を行うとともに、修理伝票に残留磁気の値と、《磁気に関するご注意》の簡単なメモを同封しています。

機器が発生する磁界の強さと距離の関係例

時計を機器に近づけても大丈夫な距離を○、止まりなどの影響が出てしまう距離を×で表しています。
(○×は目安なので製品によって異なり、保証するものではありません)

機器が発生する磁界の強さと距離の関係例

<注意>

  • 1.時計は磁気に弱い製品です。上記以外の機器にも、できる限り近付けないでください。
  • 2.時計が磁気の影響を受けたかを判断するために、方位磁針を使用するのは避けてください。クオーツ時計の場合は磁気の性質を利用したステップモーターが使われているので、残留磁気の有無に関わらず針が振れることがあります。

耐磁時計の種類

耐磁時計はJIS規格(日本工業規格:JIS B 7024-1994)で、水準によって次のとおり分類されています。

種類 水準
1種耐磁時計 直流磁界4,800A/mに耐えられる水準(日常生活において。磁界を発生する機器に耐磁時計を5cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持できる水準)
2種強化耐磁時計 直流磁界16,000A/mに耐えられる水準(日常生活において。磁界を発生する機器に耐磁時計を1cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持できる水準)

<参考> 耐磁時計以外の時計でも、ほとんどは直流磁界1,600A/mに耐えられる水準です。

商品への展開

シチズンでは耐磁時計を次のように表示しています。

種類 時計の裏ぶたに刻印 カタログ表示
1種耐磁時計 ANTIMAG 4800(  )
2種強化耐磁時計 ANTIMAG 16000(  )