PROMASTER

PROJECTS 月面探査チーム「HAKUTO」 月面探査チーム「HAKUTO」 HAKUTO HAKUTO

OVERVIEW

シチズン時計株式会社は、世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE*1(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する、日本発、そして日本唯一の民間月面探査チーム「HAKUTO」のミッションに貢献するサポーティングカンパニー契約をいたしました。

1989年に登場したシチズンのスポーツウオッチブランドである「プロマスター」は苛酷な環境化でも「機能性」「耐久性」「安全性」を高度に発揮し、探求者たちの「想像力」、そして未知の領域への憧れを掻き立てる時計として、世界中のファンに支持されてきました。

「プロマスター」では「GO BEYOND―想像のその先へ」*2をキーメッセージとしており、
月面探査チーム「HAKUTO」の未知への領域への挑戦は、まさに「プロマスター」ブランドと親和性の高い取り組みといえます。

「夢みたい」を現実に。ひとつのレースが「宇宙に挑戦する者はいないか」と言った。このチャンスに僕たちは、あることを証明することにした。仲間を集めてみんなで努力して、アイデアを出し合う。たったこれだけで、宇宙は手の届く存在になるということを。信じてもらえるかはわからない。だから言葉ではなく行動で見せる。夢が夢でなくなる様子を届けることが、HAKUTOのミッションなのだ。

INTRODUCTION

世界的なコンペティション「XPRIZE」に挑戦する日本発の月面探査チーム「HAKUTO」のミッションに貢献

動画のサムネイル画像

世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する、株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区)が運営する日本発、そして日本唯一の民間月面探査チームです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査ロボット(ローバー)を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。SpaceIL(イスラエル)、Moon Express(アメリカ)、Synergy Moon(インターナショナル)、TeamIndus(インド)、HAKUTO(日本)の5チームがレースの最終フェーズに参加しています。
HAKUTOはベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボットを開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。2015年1月には、月面ミッションを達成できる能力のローバーを開発したその技術力が評価され、Google Lunar XPRIZE中間賞のモビリティ部門を受賞しています。2016年12月にチームインダスとの相乗り契約を締結しています。
このコンペティションでは1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。

シチズンは、月面探査チーム「HAKUTO」のサポーティングカンパニーとして、プロマスター エコ・ドライブ*3GPS衛星電波時計*4F900を提供します。

  1. *1 XPRIZE
    1995年に設立された米国の非営利組織である「XPRIZE財団」によって運営され、世界の大きな課題を解決することを目的とした世界コンペティション。
    「学習」「探査」「エネルギーと環境」「世界規模の開発」「生命科学」の5分野をテーマとする。
  2. *2 PROMASTERキーメッセージ「GO BEYOND. 想像のその先へ」
    PROMASTERが提案する3つの価値観
    機能性:人類にとっての未知の領域に足を踏み出すことを念頭に開発し、革新的なテクノロジーを搭載しています。
    一見オーバースペックにも思える性能も、自身の限界に挑む人の想像力を掻き立てるのに必要なスペックだと考えています。
    耐久性:高い視認性や防水性、耐衝撃性、耐傷性などを兼ね備えており、過酷な環境にも耐えうる、世界トップレベルの耐久性を誇ります。
    安全性:使う人のために考え抜かれた安全性により、いかなる場所におけるチャレンジでも、最大限の力を授けてくれます。
  3. *3 エコ・ドライブ:定期的な電池交換が不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  4. *4 GPS衛星電波時計:地上から約2万km、宇宙空間を周回するGPS衛星から位置・時刻情報を取得し、時刻・カレンダーを自動で修正します。

PRODUCT