画像にマウスを合わせると拡大されます

PROMASTER

BN2021-03E

¥ 88,000 + 税

モデルバリエーション

スペック

主な特長

  • エコ・ドライブ(電波受信機能なし)
  • ステンレス
  • ダイバーズウオッチ

詳細

キャリバーNo. J250 
精度 ±15秒/月 
重量 177g 
厚み 18.5mm 
ケースサイズ

49.5mm 

ケース ステンレス 
表面処理  
ガラス クリスタルガラス(無反射コーティング) 
バンド

ウレタン 

保証 1年間メーカー保証 
機能特長
    逆回転防止ベゼル
    ねじロックりゅうず/ねじロックボタン
    秒針停止機能
    日付早修正機能
    充電量表示機能
    充電警告機能
    過充電防止機能
    水深計測機能
    最大水深表示機能
    水感知機能
    急浮上警告機能 
  • ※重量、厚み、ケースサイズは参考値としてご参照ください。
  • ※価格及び仕様は、予告なく変更する場合があります。

MARINE

MARINEシリーズの中核となるエキスパートモデル

1985年、世界初となる電子センサーによる水深計付きダイバーズウオッチ“アクアランド”を発売(1989年より“プロマスター アクアランド”に名称変更)して以来、シチズンは30年以上に渡りセンサー技術を搭載したプロフェッショナルダイバーズウオッチを創出し続けてきました。『シチズン プロマスター』の名前は、世界的にも高い知名度を誇っています。 アクアランドシリーズは常に進化を続けながら新たな歴史にその名を刻み続けていきます。

最大70mまで計測可能な水深計を搭載

3時側ケース側面にある水感知センサーが水に触れたまま、おおよそ2秒が経過すると、水圧センサーのスイッチがONになり自動的に水深計測を開始します。水深は最大70mまで計測が可能なので、レクリエーショナルダイビングをはじめ本格派にも満足できる仕様となっています。
水深計は3時位置を基点(0m)に設定し、水平=海面から徐々に深海へ潜っていくイメージを表現しています。インデックスに表示される水深計はレクリエーショナルダイビングの潜水範囲である0~40mの目盛間隔を広め(±1m単位)に設定し、50~70mの目盛間隔(±2m)と差別化しました。これにより数値の読み取りやすさを確保すると同時に、潜水中に針がダイナミックに動く様子が楽しめるようになっています。
また、現在の水深と最大水深を同時に表示することも可能です。

視認性の高い大型針を採用

水中でも一目で時刻や水深がわかるよう大型の針を採用。また5本の針が重なっても完全に隠れずに認識できる、シチズン独自のデザインとしました。

①時計と水深針が重なっても水深針の先端部が確認できる。
②針の尾が充電量表示を隠さないよう長さを工夫。

分針の中央部を抜くことにより、水深針、最大深度計針、水深計の目盛を視認できる。また時針と分針が重なっても、時刻がわかる。

現在の深度(上/水色)と最大深度(下/グレー)が重なっても、完全に隠さない針形状を採用。

時刻表示系統と水深表示系統で色分けされた夜光

針やインデックスに採用されている夜光塗料を、時刻表示系にはグリーン発光、水深表示系にはブルー発光に色分けしました。ブルーは水中での視認性が高いことから、水深表示に採用。そのため、暗い水中でも容易に見分けられるようになっています。 また、夜光塗料は人体に安心・安全な放射性物質を含まないものを使用しています。

操作性を追求したベゼル形状

グローブを装着していても回しやすいように上部に大きな凹凸のあるベゼル形状を新たに開発しました。一方で、ベゼルサイドには凹凸は付けず、ケースサイドと一体になるデザインを採用。これにより、ぶつけるなどの衝撃を受けても誤作動しないよう安全性にも配慮しました。
また、ケースサイドには操作性に優れた大きめのりゅうずやプッシュボタンを装着していても邪魔になりにくい位置に配置しました。これらにも誤作動防止のため、ねじロックタイプが採用されています。

堅牢な二重構造ケース

時計本体を守る外装は、貝のように時計内部を守る頑丈な構造にしました。ケースサイドを取り巻くスタイリッシュなその2重のラインは、デザイン面からも特徴的な形状になっています。
時計の心臓部であるムーブメントは、まずムーブメント専用ケースによって守られます。さらに、ステンレススチールを削り出した堅牢なケースと、同じくステンレススチールを削り出したパーツによってガッチリと二重にガードされます。これにより高い耐衝撃性能を確保し、ダイビング中に岩にぶつけるなどのアクシデントが起こった際にもムーブメントへの影響を軽減させます。海の中で起こり得る“万が一”に備える構造となっています。
また、定期的な電池交換のいらないエコ・ドライブ搭載なので、裏蓋の開閉の必要もなく、高い防水性能を長期間維持できます。

サポート

この製品の「操作ガイド」

ご覧の製品の操作方法・機能を、ご覧いただけます。

よくあるご質問

お客さまから寄せられたお問い合わせの中から、
よくあるご質問を掲載しています。

よくあるご質問