ニュース

2018/03/22

TOPICS

BASELWORLD 2018 出展情報

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:戸倉 敏夫、以下シチズン)は、2018年3月22日~3月27日にスイスで開催される世界最大の時計・宝飾展示会「BASELWORLD 2018」に出展いたします。

CITIZEN Watch Group“Time Theatre”

2018年、シチズン時計は創業100周年を迎えます。この節目の年に、シチズンは、究極の精度「年差±1.0秒」を持つ革新的な光発電エコ・ドライブ※1 ムーブメント「Cal.0100」を発表します。いかなる電波にも頼ることなく、光さえあれば動き続ける「完全自律型」の超高精度ムーブメントです。また、世界最薄※2を誇るエコドライブ・ワンの新作、100周年記念限定モデルも登場します。

会場構成では、シチズンウオッチグループとして新たに「Time Theatre(タイムシアター)」を構えました。「市民に愛され市民に貢献する」というシチズンの理念に基づき、すべての人々に開かれた「Time Theatre」は、来場者が「時」について自由に想いを巡らせ、それぞれの「時」を過ごしてもらえる空間です。この「Time Theatre」は、パリで活躍する日本人建築家 田根 剛氏が手掛けました。来場者をオーディエンス、時計の展示場所をステージと見立てた構成となっています。ここでは「身に着けるお客様のために革新的な時計をつくりたい」という共通した想いを有するシチズンウオッチグループ各ブランドの革新的な新製品をご覧いただけます。

また、「Time Theatre」では、来場者との新たなコミュニケーションの可能性を探る試みとして、「コミュニケーション・プログラム」を開催します。部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであるシチズンの各工場で作られた時計部品(パーツ)を、時計組立スーパーマイスター・荒井寛子※3が螺旋に配置することで曼荼羅を描き、光によって時計が駆動する、パフォーマンス形式のプレゼンテーションとなります。
生身の身体によって描き出す本質的に豊かな未来、それは光とともに、「Time Theatre」で出会ったすべての人々の記憶に残るものになるでしょう。

「時計の未来をきりひらく」シチズンの進化と挑戦にご期待ください。

  • ※1 エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  • ※2 世界最薄:アナログ式光発電腕時計として。2018年2月当社調べ。
  • ※3 荒井寛子:シチズン時計の製造子会社であるシチズン時計マニュファクチャリング株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:佐藤敏彦)飯田工場所属。40年近く時計のムーブメント組立から完成品組立に従事するシチズンの時計組立スーパーマイスターで、平成28年度に卓越した技能者を表彰する厚生労働大臣表彰「現代の名工」を受賞、2018年1月に「日本ものづくり大賞(内閣総理大臣賞)」を受賞。

コミュニケーション・プログラム開催日時(予定)

2018年3月22日(木)15時台
2018年3月24日(土)14時台、16時台

*開催場所:シチズンウオッチグループブース(HALL 1.1 D79&D83)
*イベントの内容は予告無く変更する場合がございますのでご了承下さい。

プロフィール

田根 剛( たね・つよし) Pavillion Architect

建築家。1979年東京生まれ。ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTSを設立、フランス・パリを拠点に活動。2006年にエストニア国立博物館の国際設計競技に優勝し、10年の歳月をかけて2016年秋に開館。また2012年の新国立競技場基本構想国際デザイン競技では『古墳スタジアム』がファイナリストに選ばれるなど国際的な注目を集める。場所の記憶から建築をつくる「Archaeology of the Fut ure」をコンセプトに、現在ヨーロッパと日本を中心に世界各地で多数のプロジェクトが進行中。主な作品に『エストニア国立博物館』(2016年)、『A House for Oiso』(2015年)、『とらやパリ』(2015年)、『 LIGHT is TIME 』(2014年)など。フランス文化庁新進建築家賞、フランス国外建築賞グランプリ、ミース・ファン・デル・ローエ欧州賞2017ノミネート、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞など多数受賞。2012年よりコロンビア大学GSAPPで教鞭をとる。

BASELWORLDについて

スイス・バーゼル市において毎年春に開催される、世界でも最大級の規模を誇る時計・宝飾の国際展示会。その発祥は1917年と古く、“Swiss Industries Fair Basel”の名称でスタートして以来、今年で43回目を迎えます。スイスを中心にヨーロッパ、日本、アジア各国、アメリカなどから世界的にも有名なブランドが参加し、世界に向けてコレクションの数々を披露する場となっています。時計、宝飾品のトレンドを掴むために、毎年100,000人近くもの人々が世界中からバーゼルに集まります。シチズンは1986年の初出展以来、今年で33回目の参加となります。

CITIZEN出展製品

関連リンク