ニュース

2017/11/02

TOPICS

シチズン時計はオフィシャルタイマーとして17年目、今年も全日本大学駅伝を盛り上げます
ランニングデータをグラフィック化した記念Tシャツを副賞として3年連続提供

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:戸倉 敏夫)は、11月5日に名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮間で開催される「秩父宮賜杯 第49回全日本大学駅伝対校選手権大会 」の協力社として、オフィシャルタイマーをつとめます。

一昨年大会より試みております、iOS アプリ「RunGraph(ラングラフ)」注を用いて、参加チームのランニングデータを独自のデザインでグラフィック化した記念Tシャツを作成し、副賞として完走した出場チーム全てに提供することで大会を盛り上げて参ります。

なお、当社は第33回大会から連続して本大会のオフィシャルタイマーをつとめており、今年で17年目となります。

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会

「RunGraph」を使ったTシャツを副賞に

全参加チームの区間計測データをもとに、iOS アプリ「RunGraph - ランニンググラフィックジェネレーター」を用いてグラフィックを作成してプリントしたTシャツを副賞として提供します。選手ひとりひとりが提供されたTシャツを着て区間順に並ぶと、そのチームがつないだ襷の軌跡が表現されます。

RunGraph公式url
http://run-graph.tumblr.com/

注「RunGraph(ラングラフ)」:株式会社フロンテッジ(東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル)とWOW(東京都渋谷区神南1-14-3)が共同開発したランデータを美しく可視化するiOSアプリ。SNSへの投稿だけでなく、自分だけのオリジナルTシャツも簡単に作成できる。

【秩父宮賜杯 第49回全日本大学駅伝対校選手権大会】 :全日本大学駅伝は「大学駅伝日本一」を競う大会。昨年大会の上位6チームのシード校と全国8地区の予選会を勝ち抜いてきた19校および全日本大学選抜チーム、東海学連選抜チームを加えた27チームが出場。
主催:公益社団法人日本学生陸上競技連合、朝日新聞社、テレビ朝日、メ~テレ
大会公式url http://daigaku-ekiden.com/index.html

【シチズン時計とは】

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界130ヶ国以上でビジネスを展開しています。1918年の創業以来、“Better Starts Now”『 どんな時であろうと「今」をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ』という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。
シチズン時計は、これからも時計の未来を切り開いていきます。