ニュース

2017/09/05

PRODUCT

『シチズン アテッサ』
30年間の革新を体現する、アテッサ ブラックチタンシリーズ登場
2017年10月5日発売

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/代表取締役社長:戸倉 敏夫)は、最先端技術を搭載し、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』から、30年間革新を続けてきたアテッサの強い意志を体現する、ブラックチタンシリーズ2モデル【220,000円+税、230,000円+税】を10月5日に発売します。
*発売時期は、予定です。

シチズン アテッサ
ブラックチタンシリーズ
CC9075-52E
230,000円+税
2017年10月5日発売

1987 年『シチズン アテッサ』は、腕時計の快適な着け心地を追求するため、ケースやバンドの外装素材に、質量が軽く、肌に優しく、サビにくい金属「チタニウム」を本格的に採用したシリーズとしてデビューしました。その「チタニウム」は幾多の改良を経て、シチズン独自の表面硬化技術による「スーパーチタニウム™」※1へと発展しました。また、ムーブメントも通常のクオーツから、光発電エコ・ドライブ※2 へと進化し、電波時計、GPS衛星電波時計※3などの機能を取り入れることで、技術的な革新を遂げてきました。
2017年にブランド誕生30 周年を迎えたアテッサから、たゆまぬ革新を体現する新シリーズが登場します。
本シリーズを特徴付けるブラックの色彩は、シチズン独自の技術「スーパーチタニウム™」の中でも、特に硬さと高級感を生み出す「デュラテクトDLC(Diamond Like Carbon)」により作り出されます。キズに強く、艶やかで上質な美しさの外装に光発電エコ・ドライブGPS衛星電波時計用Cal.F900を搭載し、時刻情報だけならば世界最速※4「最短3秒」で受信し、デュアルタイムやダブルダイレクトフライト※5など充実した機能を備えています。

  • シチズンのブラックチタン/限りない品質へのこだわり

シチズンのブラックチタン(チタニウム+デュラテクトDLC)は一般的なブラックコーティングがなされたチタニウムに比べはるかに硬い表面硬度を実現しています。さらにシチズンのブラックチタンは耐メタルアレルギー仕様となっています。
また、加工が難しいチタニウムのミラー面がキレイに美しく仕上がるよう追及し、チタニウム材自体を組成からオーダーメイド。さらにチタニウム用研磨砥石もチタニウムを磨くワックスもシチズン独自で作っています。
また、CC9075-52Eのバンドの一部にはデュラテクトMRKを施しており、耐傷性だけでなく打痕にも強い仕様になっています。

  • デザインポイント

★「ブラック」が体現するもの
ブラックボディは革新を続けてきたアテッサの強い意志を体現しています。また、CC9075-52Eの秒針には加工時の熱間鍛造(ねっかんたんぞう)工程で発光するチタニウムをイメージしたオレンジの挿し色を加えています。

★個性的な、6つのスリット
光の角度で表情を変えるマットブラック。装飾性を抑え、シンプルかつソリッドに仕上げられたベゼル。そこに配置された6つのスリットは腕時計の輪郭に個性を与えるとともに、時刻をすばやく把握するための目安にもなっています。

★文字板デザインはアラビア数字がアクセントに
大胆で力強いアラビア数字をインデックスに取り入れることでデザインに遊び心を表現しています。また12時位置をしっかり認識できるため、視認性を高める側面も併せ持っています。

★ビジネスシーンにもフィット
高い表面品質と独特の艶やかさをもつアテッサのブラックチタンは、ダークスーツをはじめ鞄や靴、手帳、名刺入れなどの革小物まで、ビジネスシーンに見るブラックのワードローブに自然にフィットします。

  • 光発電エコ・ドライブGPS衛星電波時計 Cal.F900を搭載したハイスペックモデル
  • エコ・ドライブGPS衛星電波時計用ムーブメントF900を搭載。GPS衛星電波を、時刻情報だけならば世界最速 「最短3秒」で受信する性能を持ち、また針の動きも驚くほどスピーディで、正回転、逆回転共に1時間分の針を動かすのに要する時間はわずか2秒足らずという速さを実現。受信から表示までをストレスなくスピーディに行います。更にデュアルタイム表示やダブルダイレクトフライト、クロノグラフなど最上位モデルとしての充実した機能は、様々なシーンで活躍します。

  • アテッサ誕生30周年/チタニウムにこだわり続けた歴史

1987年 初期モデル

「腕時計の新しい未来を切りひらくブランドをつくりたい」という思いを胸に、1987年、人が身に着ける素材として優れたチタニウムをケース、バンドに採用した、イタリア語で「期待」という意味を持つブランド「アテッサ」は誕生しました。以来、アテッサは、一貫してチタニウム素材にこだわり続け、軽くて錆びにくいという優れた面を持ちながら、加工が困難なチタニウムを、シチズン独自の加工技術により、革新的なデザインに仕上げるとともに、世界初のフルメタル電波時計やダイレクトフライト、GPS衛星電波時計など、最先端機能を取り入れながら、数々の名品を生み出してきました。アテッサが誕生して今年で30年。それは、シチズンのイノベーションの歴史でもあります。

【商品仕様】

 
ブランド/商品名 アテッサ ブラックチタンシリーズ
エコ・ドライブGPS衛星電波時計F900
商品番号 CC9075-52E CC9075-52F
発売時期 2017年10月5日発売予定
希望小売価格 230,000円+税 220,000円+税
ケース/バンド スーパーチタニウム™
デュラテクトDLC/
デュラテクトMRK+デュラテクトDLC
スーパーチタニウム™
デュラテクトDLC/デュラテクトDLC
ガラス サファイアガラス(99%クラリティ・コーティング)※6
文字板色 ブラック ブラック
ケース径/厚み 径43.5mm/厚13.1mm(設計値)
主な機能 ■Cal.F900 / 月差±5秒(非受信時) / 光発電エコ・ドライブ / パワーセーブ機能 / フル充電時約5年可動(パワーセーブ作動時) / 衛星電波受信機能・位置情報取得機能・自動時刻受信機能 / ワールドタイム機能(40タイムゾーン) / パーフェックス※7 / デュアルタイム表示 / クロノグラフ機能(1/20秒・24時間) / アラーム / ライトレベルインディケーター / 充電量表示機能/ パーペチュアルカレンダー / サマータイム機能
■夜光(針+インデックス)■10気圧防水■耐メタルアレルギー商品
■フィットアジャスター
  • ※1 スーパーチタニウム™:シチズン独自の技術により、純チタニウムに表面硬化技術デュラテクトを施しステンレスの5倍以上の硬さを実現。キズに強く、軽く、肌にも優しいので、快適な着け心地で使用できます。デュラテクトMRKは、チタニウム素材に窒素と酸素を表面から浸透させて素材の表層を硬化させることで、1,300-1,500ビッカース硬度を実現。また、デュラテクトDLCは、主に炭素と水素で構成される非晶質のカーボン硬質膜を素材表面にコーティングすることで、1,000-1,400ビッカース硬度を実現しています。
  • ※2 エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  • ※3 GPS衛星電波時計:地上から約2万km、宇宙空間を周回するGPS衛星から位置・時刻情報を取得し、時刻・カレンダーを自動で修正。地球上のどこにいても広い空がある限り、正確な時刻を得ることができます。
  • ※4 世界最速:多機能の光発電GPS衛星電波時計として。2017年7月当社調べ。
  • ※5 ダブルダイレクトフライト:りゅうずのみの簡単操作で、世界26都市の時刻とカレンダーを表示する都市選択ワールドタイム機能を搭載。さらに、メインタイムとローカルタイムに設定した2つの都市時刻を同時に表示し、1ステップで入れ替えることができるデュアルタイム機能です。
  • ※6 99%クラリティ・コーティング:サファイアガラスの表裏両面にシリコン加工物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え、(透過率99%)高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくしました。またキズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、耐久性と防汚性を向上させています。
  • ※7 パーフェックス:「JIS 1種耐磁」「衝撃検知機能」「針自動補正機能」という三位一体の機能で、エコ・ドライブ電波時計のより正確な時刻表示を可能にしたシチズン独自の先進技術です。

<シチズン時計とは>

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界130ヶ国以上でビジネスを展開しています。
1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。

  • ●エコ・ドライブ、パーフェックス、ダイレクトフライト、ライトレベルインディケーター、スーパーチタニウム、デュラテクトおよび、99%クラリティ・コーティングはシチズン時計株式会社の登録商標または商標です。

    ★本リリースの内容は発表日時点の情報です。商品のデザイン及び価格、発売日、スペックなどは、一部変更になる場合があります。

関連リンク