ニュース

2016/11/10

TOPICS

光発電「エコ・ドライブ」が「第13回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)」を受賞

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/代表取締役社長:戸倉 敏夫)は、第13回エコプロダクツ大賞において、光発電『エコ・ドライブ※1』が、電池交換不要で光ある限り動き続けることによる環境負荷削減に寄与したことや、「環境ラベルの取得(エコマーク)」(1996年)、「CFPプログラム認定※2」(2016年)をそれぞれ時計ではじめて取得するなど、長年の環境配慮への取組が評価され「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)」を受賞いたしました。

「エコプロダクツ大賞」は、すぐれたエコプロダクツを表彰することを通じて、エコプロダクツの供給者である企業等の取り組みを支援し、わが国におけるエコプロダクツの開発・普及の促進を図るとともに、エコプロダクツに関する正確な情報を需要者サイド(事業者、消費者等)に広く伝えることを目的に、2004年から実施されているものです。

エコプロダクツ大賞では、最もすぐれたエコプロダクツには後援各省の大臣賞(大賞)が授与されます。また、大賞に次いですぐれたエコプロダクツには、エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)が授与されます。

1976 年、シチズンは光だけで動き続ける世界初のアナログ式光発電時計を発売し、今年で40年を迎えました。エコ・ドライブは光を受けることで、内蔵されたソーラーセルが発電し、時計を動かす光発電技術です。定期的な電池交換をする必要がなく環境保護の観点からも評価を受け、日本では1996年に腕時計として初めて「エコマーク商品」に認定されました。また2014年にはシチズンの『エコ・ドライブ』を搭載した製品の普及、そして会社としての環境への取り組みが評価され、2015年に時計業界で初めて「エコマークアワード 金賞」を受賞いたしました。さらに2016年には、CO2排出量の公開により、時計業界で初めて、第三者機関によるCFP(カーボンフットプリント)プログラム認定を得ています。シチズンの環境配慮への率先した取り組みが、すぐれたエコプロダクツとして高く評価されたことにより、今回の受賞となりました。

  • ※1 エコ・ドライブ:定期的な電池交換が不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  • ※2 一般社団法人産業環境管理協会によるCFPプログラム認定

<シチズン時計とは>

シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界100ヶ国以上でビジネスを展開しています。1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと、『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。2016年に光発電時計発売から40年を迎えたシチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

関連リンク