ニュース

2015/06/10

PRODUCT

GPS衛星電波を世界最速※1最短3秒で受信。時刻合わせもスピーディ。
『シチズン アテッサ』
最新GPS衛星電波時計を最薄※2ケースに収めた2シリーズ6モデルが登場
2015年8月中旬、10月下旬順次発売予定

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/代表取締役社長:戸倉 敏夫)は、最先端技術を搭載し、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『シチズン ATTESA(アテッサ)』から、GPS衛星からの電波受信を世界最速※1“最短3秒”で行なえるエコ・ドライブ※3GPS衛星電波時計※42シリーズ6モデル【希望小売価格:170,000~230,000円+税】を、2015年8月中旬と10月下旬より発売します。

※価格、発売日ともに予定です。
CC9015-54E、CC3010-51E

シチズン ATTESA(アテッサ)
左:F900 CC9015-54E
200,000円 +税
10月下旬発売予定
右:F150 CC3010-51E
170,000円 +税
8月中旬発売予定

2011年、光発電エコ・ドライブとして世界で初めて、シチズンはGPS衛星から時刻情報を受信し、正確な時刻を刻む「サテライト ウエーブ」を搭載した衛星電波時計を発表しました。時計業界のパイオニアとなったサテライト ウエーブは、以来、受信感度の向上と受信時間の短縮を追求してきました。シチズンはつねに世界最速での受信を可能にしたモデルを開発しています。そして2015年、受信時間はそのままに、時刻情報に加えて位置情報取得機能を搭載、自動でタイムゾーンを判別し、時刻・カレンダー情報を修正するエコ・ドライブGPS衛星電波時計が登場します。

今回、ラインナップするのはシンプルなデザインが特徴の『F150』と、デュアルタイムやクロノグラフ機能などを搭載した多機能モデル『F900』です。ともにGPS衛星電波を、時刻情報のみの受信では世界最速※1 “最短3秒”で受信する性能を持ち、また針の動きも驚くほどスピーディで、1時間分の針を動かすのに要する時間はわずか2秒足らず(『F900』の場合)という速さを実現しました。加えて、ケース厚も『F150』は12.5mm、『F900』は13.1mm(設計値)とそれぞれ世界最薄※2となり、軽快な操作性と着け心地の良さを兼ね備えています。

商品の特長

F150の特長

F150シリーズはシンプルな機能と装着感や視認性を追求したスマートなデザインが特長です。GPS衛星からの受信方法はユーザーのシチュエーションによって2つの方法「時刻情報の受信」「時刻・位置情報の受信」で使い分け可能となりました。従来のエコ・ドライブ サテライト ウエーブ同様、世界最速※1 “最短3秒”の受信速度と針の高速スピードも維持しているので、時刻修正が驚くほどスピーディです。

  • GPS衛星から位置・時刻情報を受信し、自動的に時刻とカレンダー修正を行う「サテライト ウエーブ」

地上から約2万kmの高さで周回するGPS衛星から、位置および時刻情報を取得。位置情報から適応するタイムゾーンを自動解析し、時刻とカレンダーを自動で修正します。受信方法はユーザーの使うシチュエーションによって使い分けが可能となります。

①4時位置のプッシュボタンでは最短3秒で時刻情報のみを受信します。日常使いによるわずかな時刻のズレを修正する際に便利です。

②2時位置のプッシュボタンでは最短30秒で時刻・位置情報を受信し、現在地のタイムゾーンを自動解析、時刻を修正します。海外旅行等で現地のタイムゾーンが分からない時に便利です。

また準天頂衛星※「みちびき」にも対応しています。この画期的な技術「サテライト ウエーブ」により、地球上のどこにいても広い空がある限り、正確な時を刻み続けるのです。


※準天頂衛星とは「準天頂軌道」という日本のほぼ天頂を通過する軌道を持つ人工衛星のことです。日本のほぼ真上の高度3万2000~4万kmの軌道で運用されています。日本のように山が多く、ビルの谷間も多いと、精密に位置計測するために必要な4基に足りないことがあります。「みちびき」はそのようなときにGPS衛星数不足を補います。また非受信時での時間精度も追求し、F150では月差±5秒と、当社の最高クラスのクオーツムーブメント同等のスペックを持たせました。たとえ衛星電波を受信せずとも、高い時間精度を維持できます。

  • 簡単操作のワールドタイム機能「ダイレクトフライト」

りゅうずを引き、秒針をベゼル内側に記されている都市名に合わせるだけで、選択した都市の時刻とカレンダーの表示をすばやく開始する「ダイレクトフライト」機能を搭載しています。このため目的地に到着する前に機内等で時差修正をすることも可能です。タイムゾーンは全世界40エリアに対応しています。

  • 時刻合わせのスピードは時差1時間ならわずか〝1秒″

時針と分針用にそれぞれ専用のモーターを配置しているため、受信後の時刻合わせも圧倒的に速いのが当モデルです。たとえば±1時間の時差であれば針合わせに必要な時間はわずか1秒足らずです。

  • 世界最薄※12.5mm(設計値)のスーパーチタニウム™ケース

GPS衛星電波時計はアンテナを内蔵するため厚くなりがちですが、F150では、シチズンの技術力をケースの薄型化に投入しました。結果、ケース厚は世界でもっとも薄い12.5mm(設計値)となり、これまでにない高い装着感を実現しています。
ケース素材には「スーパーチタニウム™」を採用。これは軽量、肌に優しく、さびにくいという特性を持つ純チタニウムを美しく研磨。さらに表面にデュラテクト※5を施し、ステンレスの5倍以上の硬さを持たせたシチズン独自の素材です。
バンドにもケース同様、スーパーチタニウム™を採用。使用で生じる小キズやすりキズから守り、時計本来の輝きや美しい仕上げが長持ちします。また、フィットアジャスター※6により、手首へのフィット感をより高めることができます。


※世界最薄:光発電GPS衛星電波時計として。2015年5月当社調べ

  • 次世代に向けたスタンダードデザイン

F150が持つ受信速度や時差修正におけるスピード感を表現するため、またビジネスシーンでの使用に適うよう、シンプルなカラーリング且つ、余計な装飾を省いたすっきりしたデザインとフォルムに仕上げました。立体的な形状のインデックスと、存在感のある太目の針により視認性を確保。またインデックスおよび針には夜光を施し、暗所でも時刻が読み取りやすくなっています。
文字板の12~6時にかけて、シチズン独自の光を感じ取る機能「ライトレベル インディケーター」を搭載しています。これは、文字板に当たる光の強さを判別し、発電量を7段階で表示するという機能で、現在の場所での発電量がわかるようになりました。また充電残量は7~8時位置のスモールダイヤルの右半分で表示されます。

商品仕様

CC3010-51E
CC3010-51A
CC3015-57E
商品 『シチズン アテッサ』エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F150
発売日 2015年8月中旬発売
商品番号(左から) CC3010-51E CC3010-51A CC3015-57E
希望小売価格 170,000+税 170,000+税 190,000+税
ケース素材 スーパーチタニウム スーパーチタニウム スーパーチタニウム(デュラテクトDLC)
バンド素材 スーパーチタニウム スーパーチタニウム スーパーチタニウム(デュラテクトDLC)
文字板カラー ブラック シルバー ブラック
ガラス サファイアガラス(99% クラリティ・コーティング※7)
ケース径/厚み ケース径43.5mm/厚み12.5mm (設計値)
主な仕様 Cal:F150 月差±5秒(非受信時)/光発電エコ・ドライブ/衛星電波受信機能・位置情報取得機能/ワールドタイム(40タイムゾーン)/パーフェックス※8/パワーセーブ機能 ※9/フル充電時約7年可動(パワーセーブ作動時) /ライトレベル インディケーター/充電量表示機能※10/パーペチュアルカレンダー※11/サマータイム機能 /夜光 /耐メタルアレルギー※12/10気圧防水

※1 世界最速 ※2 世界最薄 :「F150」は光発電GPS衛星電波時計として。「F900」は、多機能の光発電GPS衛星電波時計として。2015年5月当社調べ。

※3 エコ・ドライブ :定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。

※4 GPS衛星電波時計:地上から約2万km、宇宙空間を周回するGPS衛星から位置・時刻情報を取得し、時刻・カレンダーを自動で修正する。
地球上のどこにいても広い空がある限り、正確な時刻を得ることができます。

※5 デュラテクト:時計本来の輝きや仕上げの美しさを保護するためにシチズンが独自に開発した表面硬化技術。チタニウムやステンレスなどの素材に特殊な加工を施すことで表面硬度を高め、時計のケースやバンドをすりキズや小キズから守ります。

※6 フィットアジャスター:バンドの中留ボタンを押すことで、簡単にバンドの長さを3段階(最大約7mm)に微調整できます。

※7 99%クラリティ・コーティング:サファイアガラスの表面両面にシリコン加工物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え(透過率99%)、高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくしました。またキズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、耐久性と防汚性を向上させています。

※8 パーフェックス:「JIS1種耐磁」、「衝撃検知機能」、「針自動補正機能」という三位一体の機能で、より正確な時刻表示を可能にしたシチズン独自の先進技術です。

※9 パワーセーブ機能:暗闇で光発電が停止すると、自動的に針を止めて節電状態となる機能。光が当たり発電が開始すると自動的に現在時刻まで戻ります。

※10 充電量表示機能:エコ・ドライブに使われている二次電池の充電残量レベルをインディケーターで目安として表示する機能です。

※11 パーペチュアルカレンダー:2100年2月28日まで、うるう年などの月末カレンダー修正を一切不要にしたカレンダー機能です。

※12 耐メタルアレルギーウオッチ:肌に触れる部分に、すべての金属アレルギーを起こしにくい素材を使用したり、表面処理が施されているウオッチです。

商品の特長

F900の特長

F900シリーズは時刻・カレンダー表示に加えてデュアルタイムやクロノグラフ機能などを搭載した多機能モデルです。GPS衛星からの受信方法はユーザーのシチュエーションによって2つの方法「時刻情報の受信」「時刻・位置情報の受信」で使い分けが可能となりました。新開発「高速ツインコイルモーター」の力で、多機能であっても針の動きが驚くほどスピーディ。3時位置にモード表示を配置することにより、多機能ながら簡単に操作することが可能です。

  • GPS衛星から位置・時刻情報を受信し、自動的に時刻とカレンダー修正を行う「サテライト ウエーブ」

地上から約2万kmの高さで周回するGPS衛星から、位置および時刻情報を取得。位置情報から適応するタイムゾーンを自動解析し、時刻とカレンダーを自動で修正します。受信方法はユーザーの使うシチュエーションによって使い分けが可能となります。

①4時位置のプッシュボタンでは最短3秒で時刻情報のみを受信します。日常使いによるわずかな時刻のズレを修正する際に便利です。

②2時位置のプッシュボタンでは最短30秒で時刻・位置情報を受信し、現在地のタイムゾーンを自動解析、時刻を修正します。海外旅行等で現地のタイムゾーンが分からない時に便利です。

また準天頂衛星※「みちびき」にも対応しています。この画期的な技術「サテライト ウエーブ」により、地球上のどこにいても広い空がある限り、正確な時を刻み続けるのです。

※準天頂衛星とは「準天頂軌道」という日本のほぼ天頂を通過する軌道を持つ人工衛星のことです。日本のほぼ真上の高度3万2000~4万kmの軌道で運用されています。日本のように山が多く、ビルの谷間も多いと、精密に位置計測するために必要な4基に足りないことがあります。「みちびき」はそのようなときにGPS衛星数不足を補います。また非受信時での時間精度も追求し、F900では月差±5秒と、当社の最高クラスのクオーツムーブメント同等のスペックを持たせました。たとえ衛星電波を受信せずとも、高い時間精度を維持できます。

  • 高速ツインコイルモーターで、スピーディな時刻修正が可能

多機能モデルでありながら、時刻合わせにも受信速度同様の高速スピードを求め、時針と分針用に新たに開発した「高速ツインコイルモーター」を採用。一般的に針の逆回転は正回転よりも遅くなることが多いのですが、新開発のモーターを搭載することにより、針の正転に加え、逆転の高速回転も可能にしています。たとえば時差±1時間の場合、わずか2秒足らずという時間で修正できます。

  • 簡単操作のデュアルタイム・ワールドタイム機能「ダブルダイレクトフライト」

「ダブルダイレクトフライト」は、ワールドタイム設定が簡単なだけでなく、メインタイムとローカルタイム(6時位置のインダイアルに表示)、2つの時刻を簡単に入れ替えることができます。
りゅうずを引き、秒針をベゼル上面に記されている都市名に合わせるだけで、選択した都市の時刻とカレンダーの表示をすばやく開始、目的地に到着する前に機内などで時差修正をすることも可能です。また、2時と4時のボタンを同時にワンプッシュすることで、メインタイムとローカルタイムの時間をすばやく入れ替えられます。タイムゾーンは全世界40エリアに対応しています。

  • 多機能搭載のハイスペックモデルながら操作は簡単

クロノグラフ、アラームなど6つのモードを搭載したハイスペックモデル。モード操作はりゅうずを引いて回すとモード表示が連動して動くようになっています。多機能であっても煩雑な手順を必要とせず、直観的な操作により使用できる、これまでにない使いやすさが特徴です。


  • 世界最薄※13.1mm(設計値)のスーパーチタニウムTMケース採用

F900では、シチズンの技術力をケースの薄型化にも投入し、多機能でありながらケース厚は世界でもっとも薄い13.1mm(設計値)を実現。ケース素材には「スーパーチタニウムTM」を採用。これは軽量、肌に優しく、さびにくいという特性を持つ純チタニウムを美しく研磨。表面にデュラテクト※5を施し、ステンレスの5倍以上の硬さを持たせたシチズン独自の素材です。バンドもケース同様にスーパーチタニウムTMを採用。ベゼルにもチタニウムを使ったフルメタル仕様とし、使用で生じる小キズや擦りキズから守り、時計本来の輝きや美しい仕上げが長持ちします。またH型のコマを使うことで、装着感も向上。フィットアジャスター※6により、手首へのフィット感をより高めることができます。

※世界最薄:多機能の光発電GPS衛星電波時計として 2015年5月現在当社調べ
  • さまざまな情報をすっきり見せる、考え抜かれたデザイン

GPS衛星からの受信速度や時差修正におけるスピード感を表現しながら、操作性と視認性を確保。またビジネスシーンでの使用に適うよう、シンプルなカラーリングと多機能でありながらもすっきりとしたデザインに仕上げました。インデックスやスモールダイヤルに別体パーツを採用することで奥行き感を演出しながら、見やすいダイヤルとなっています。インデックスおよび針には夜光を施し、暗所でも時刻が読み取りやすくなっています。
文字板の12~6時にかけて、シチズン独自の光を感じ取る機能「ライトレベル インディケーター」を搭載しています。これは、文字板に当たる光の強さを判別し、発電量を7段階で表示するという機能で、30秒間その場の光の強さを判別し続け、その場所での発電量をリアルタイムで表示できるようになりました。
プッシュボタンはりゅうずガードから流れるようなラインとし、一体感を創出。さらにプッシュボタンは薄く仕上げられつつも、押しやすさにも配慮しています。

商品仕様

CC9015-54E
CC9010-66A
CC9017-59E
商品 『シチズン アテッサ』エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F900
発売日 2015年10月下旬発売
商品番号(左から) CC9015-54E CC9010-66A CC9017-59E
希望小売価格 200,000+税 190,000+税 230,000+税
ケース素材 スーパーチタニウム(一部デュラテクトDLC) スーパーチタニウム スーパーチタニウム(デュラテクトDLC)
バンド素材 スーパーチタニウム スーパーチタニウム スーパーチタニウム(デュラテクトDLC)
文字板カラー ブラック シルバー ブラック
ガラス サファイアガラス(99% クラリティ・コーティング※7)
ケース径/厚み ケース径43.5mm/厚み13.1mm (設計値)
主な仕様 Cal.F900 月差±5秒(非受信時)/光発電エコ・ドライブ/パワーセーブ機能※8/フル充電時約5年可動(パワーセーブ作動時)/衛星電波受信機能・位置情報取得機能/ワールドタイム(40タイムゾーン)/パーフェックス※9/デュアルタイム表示/クロノグラフ機能(1/20秒、24時間)/アラーム機能/ライトレベル インディケーター/充電表示機能※10/パーペチュアルカレンダー※11/サマータイム機能/耐メタルアレルギー※12/夜光/10気圧防水

※5 デュラテクト:時計本来の輝きや仕上げの美しさを保護するためにシチズンが独自に開発した表面硬化技術。チタニウムやステンレスなどの素材に特殊な加工を施すことで表面硬度を高め、時計のケースやバンドをすりキズや小キズから守ります。

※6 フィットアジャスター:バンドの中留ボタンを押すことで、簡単にバンドの長さを3段階(最大約7mm)に微調整できます。

※7 99%クラリティ・コーティング:サファイアガラスの表面両面にシリコン加工物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え(透過率99%)、高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくしました。またキズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、耐久性と防汚性を向上させています。

※8 パーフェックス:「JIS1種耐磁」、「衝撃検知機能」、「針自動補正機能」という三位一体の機能で、より正確な時刻表示を可能にしたシチズン独自の先進技術です。

※9 パワーセーブ機能:暗闇で光発電が停止すると、自動的に針を止めて節電状態となる機能。光が当たり発電が開始すると自動的に現在時刻まで戻ります。

※10 充電量表示機能:エコ・ドライブに使われている二次電池の充電残量レベルをインディケーターで目安として表示する機能です。

※11 パーペチュアルカレンダー:2100年2月28日まで、うるう年などの月末カレンダー修正を一切不要にしたカレンダー機能です。

※12 耐メタルアレルギーウオッチ:肌に触れる部分に、すべての金属アレルギーを起こしにくい素材を使用したり、表面処理が施されているウオッチです。

<シチズン時計とは>
シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界100ヶ国以上でビジネスを展開しています。1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。
シチズン時計は、これからも時計の未来を切り開いていきます。