CITIZEN

HOME>サポート>仕様・機能・購入>操作ガイド>F52*

F52* 操作ガイド

基本スペック

時計の見方

時計の見方

モデル例:
クロスシー

商品仕様

時間精度 平均月差±20秒
(常温 5゜C〜35゜C携帯時)
表示機能
  • 時刻 : 24時間、時、分、秒
付加機能
  • クロノグラフ機能 : 1秒単位、最大計測時間60分
使用電池 280-39(SR626SW): 寿命 約2年
(クロノグラフ 1時間/1日使用の場合)

文字板外周部分やレジスターリングに、タキメーターや方位計等があるモデルの場合、その機能の使い方に付きましてはこちらの「外装機能ガイド」をご覧ください。

外装機能ガイド

このページの先頭へ

時刻の合わせ方

時刻の合わせ方

  1. 秒針が0秒位置を指示した時にりゅうずを2段引き、時刻修正位置にします。
  2. りゅうずを回して時刻を合わせます。(24時間針は時針に連動しています。)

    ※ 日付が切り替わった時が午前0時です。日付けを確認しながら、午前/午後を間違えないように合わせてください。

  3. 時報(tel.117)等に合わせてりゅうずを通常位置に押し込めば完了です。

※ りゅうずがねじロック式の場合は、りゅうずを左に回してねじをゆるめてから操作を行い、操作が終わったらりゅうずを通常位置に戻し、更にりゅうずを押しながら右に回してねじを締めてください。

このページの先頭へ

クロノグラフの使い方

クロノグラフの使い方

このクロノグラフは1秒単位で最大59分59秒まで計測表示します。59分59秒を経過しても[A]ボタンを押して計測ストップするまで計測表示を続けます。

<注意>

クロノグラフをリセットした時にクロノ各針が0秒位置に戻らない場合は、「クロノグラフ針の0位置合わせ」を行ってください。

クロノグラフ秒針の0位置合わせ

計測方法

  1. Aボタンを押す毎に計測スタート/ストップを繰り返します。
  2. Bボタンを押すとリセットされます。

計測方法

クロノグラフ秒針の0位置合わせ

時計に強い衝撃が加わった場合などに、まれにクロノ針の0位置がずれてしまう場合があります。このようなときには0位置合わせを行ってください。

クロノグラフ秒針の0位置合わせ

  1. りゅうずを時刻修正位置にします。
  2. Aボタンを押してクロノグラフ秒針を0秒位置に合わせます。ボタンを押しつづけると早送りできます。
  3. 0位置合わせが出来たら、りゅうずを回して時刻を合わせ直します。
  4. りゅうずを通常位置に戻します。
  5. Bボタンを押してクロノグラフ各針が0位置にリセットされている事を確認してください。

このページの先頭へ

このページの先頭へ