CITIZEN

電波時計をお使いの方へ

電波送信所の方向の確認のしかた

この地図上で、電波を受信しようとする場所(都道府県/所在地方)からみて、受信する電波の送信所の方向がどちらの方角にあたるのか確認してください。
尚、機種番号がA41*の場合は、福島県の「大鷹鳥谷(おおたかどや)山電波送信所」、または九州の「羽金(はがね)山電波送信所」のどちらの電波を受信するか選択しセットすることが可能ですので、その選択に基づいた送信所の方向を確認してください。
また機種番号がE6**、H1**、H33*、H41*、U6**の場合は自動で受信局を選択しますので、下図をご覧になり現在地に近い送信所の方向を確認してください。
上記以外の場合、受信できる電波は福島局(東局)モデルが「大鷹鳥谷(おおたかどや)山電波送信所」、九州局(西局)モデルが「羽金(はがね)山電波送信所」の発信電波に限られますのでご注意ください。

<例> 琵琶湖付近で「大鷹鳥谷(おおたかどや)山電波送信所」の電波を受信する場合、その方角はだいたい東北東に当たります。「羽金(はがね)山電波送信所」の電波を受信する場合は、だいたい西南西からやや西よりに当たります。

標準時刻電波の受信可能地域の目安

  1. 針式腕時計の時針を太陽の方向に向けてください。
  2. この時、時針の指す方向と、文字板中心と12時を結ぶ方向のちょうど中間の方向が、おおよそ「南」の方角にあたります。
  3. 東西南北の方角を確認し、地図上で確認した方角にある実際の地形上の目標物等を見つけてください。

標準時刻電波の受信可能地域の目安

この目標物の方向が電波送信所のおおよその方向にあたります。
受信する場合は、受信器を送信所の方向に向け、時計を安定させて置いてください。

上手に受信をするために

CLOSE